カンボジアで日韓外相会談

プノンペン、8 月 4 日 – 韓国と日本のトップ外交官は木曜日、年次東南アジア諸国連合 (ASEAN) 会議の傍らでプノンペンで二国間会議を開催した。

韓国のパク・ジン外相と一連の閣僚会議のためにカンボジアの首都を訪問している林義正外相との間の3週間足らずで2回目の直接会談でした。

約30分間続いた会談の後、朴大統領は記者団に対し、「(我々は)両国がどのように歴史を受け入れ、将来を見据えた関係を発展させることができるかについて真剣に意見を交換したが、共通の関心のある未解決の問題。」

双方はまた、「朝鮮半島の深刻な安全保障状況」の中で、米国との 3 カ国安全保障協議と協力を継続することで合意した、と彼は付け加えた。

先月の東京での最後の会談で、二人は、戦争中の強制労働の韓国人被害者に関連する問題に迅速に対処しなければならないことに同意した.

韓国の最高裁は2018年、三菱重工業と新日鐵に勝訴判決を下した。 強制労働の韓国人被害者を補償するために。 日本政府が和解に関連するすべての賠償問題は、二国間関係を正常化した1965年の合意の下で解決されたと主張したため、企業はこれらの賠償金の支払いを拒否した.

(聯合)

(終わり)

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。