カーライルは、電気自動車への移行がサプライ チェーンを混乱させる中、日本の自動車産業を大きく考えています。

世界が急速に電気自動車に移行する中、日本の自動車部品サプライヤーは、伝統的に内燃機関車に向けられていた戦略を再考していると、カーライルの日本産業チームを率いる寺坂礼二氏はロイターとのインタビューで語った.

「彼らは何ができるかについて非常に革新的に考えており、それがプライベートエクイティに多くの(投資)機会を生み出しています」と寺坂氏は、彼のポートフォリオの企業が将来の潜在的なパートナーを見つけるために使用できるカーライルのグローバルビジネスネットワークを引用して語った.海外で見つける。

日本の自動車産業は、何十年にもわたる系列システムから力を得てきました。これは、自動車メーカーを頂点としてビジネスを安全に保つ、資本と織り合わされたサプライヤーの階層的なピラミッドです。

しかし、アナリストによると、必要な部品は少ないがソフトウェア開発などの専門知識が異なる電気自動車への移行は、日本の中核産業を変革する可能性が高い.

寺坂氏は、自動車メーカーはもはやすべての種類の系列企業をサポートできない可能性があると述べ、系列システムの仕組みが変化することを期待していると付け加えた。

今月、カーライルは、自動車のシートヒーター用のワイヤーを含む電気ケーブルのメーカーである東徳電気への 380 億円 (2 億 7075 万ドル) の買収入札を発表した。

Carlyle の米国バイアウトおよび成長チームの共同責任者である Brian Bernasek 氏は、同じインタビューで、同社はグローバルな人材検索、デジタル化、ソーシング、およびサポートされている規制順守規制を支援することで、ポートフォリオ企業が海外で成長するのを支援できると述べました。

プライベート エクイティ業界は、「よりコスト主導型だった過去 10 ~ 20 年間で進化してきました」と Bernasek 氏は述べています。

「今日、焦点は、デジタルツール、市場投入へのさまざまなアプローチ、より多くの価格戦略、および製品の合理化を採用することにより、ビジネスを成長させる方法にはるかに重点を置いています」と彼は付け加えました.

(1ドル=140.3500円)

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です