ガボン:10月からリーブルビルに期待される日本の投資家

この記事を聞く

9月26日(月)、ガボン国家投資促進庁(ANPI)のギスラン・モアンザ・ムボマ事務局長は、在ガボン日本大使の野串修司と面会しました。 会談の目的は、両国間の経済協力強化の一環として、10月に日本のビジネスマンが訪問したことを評価することでした。

日出ずる国は、ガボンの長年にわたるパートナーとして、特に保健、教育、漁業の分野で協力関係を強化したいと考えています。 少なくとも、10 月にこの国から数人のビジネスマンが次回訪問するのは、そのためです。

この点に関して、ガボン国内投資促進機関のギスラン・モアンザ・ムボマ事務局長は、ガボンの日本大使と話し合うことを望んでいました。 ガボンが提供する投資機会を紹介する機会となるこの訪問を、2 人の男性が検討する機会となります。

ANPI 事務局長と日本の外交官との会談は、ガボンのローズ クリスティアーネ オッソーカ ラポンダ首相が日本の東京で安倍晋三元首相の葬儀に出席しているときに行われました。 政府の長は日本の岸田文夫首相との会談を利用し、ICT、健康、環境、再生可能エネルギー、インフラ、さらには農業などの主要セクターへの投資を通じて、ガボンでの日本のプレゼンスを強化するよう呼びかけました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です