ガルティエは彼のマルセイユの起源を「脇に置いた」と主張している

火曜日の記者会見で、新しいPSGコーチのクリストフガルティエは公式プレゼンテーション中にマルセイユ出身に戻りました。 それを否定することなく、彼はフランスのチャンピオンとの彼の完全な決意を思い出す機会を得ました。

それだけです、マルセイユはPSGベンチにやって来ます。 今週の火曜日、首都クラブは、フランスの現チャンピオンのコーチとして、2シーズンにわたってクリストフガルティエの署名を正式に発表しました。 そして必然的に、彼のプレゼンテーション中に55歳のマルセイユのルーツを思い出しました。

「ここ数週間、私の昼と夜はPSGに捧げられてきました」

そして、元サンテティエンヌ、リール、ニースのコーチは、彼の起源についての質問に透過的に答えることに失敗していません。 「私はマルセイユで生まれました。それは事実ですが、PSGはそれ自体が常にクラブでした。私たちは情熱を持って仕事をし、勝つための最高の場所を探し、最高の選手、最も美しいトロフィーをトレーニングしたいと思っています。勝つ。” ..そしてPSGに勝る場所はありません。 私はマルセイユの起源を脇に置きました。 私を信じてください。数週間、私の昼と夜はPSGに捧げられました」と、パリのコーチは保証しました。

日本に向かう前のキャンプ・デ・ログでの数日間の仕事

クリストフ・ガルティエは午後のキャンプ・デ・ロージュで彼のグループとの最初のセッションをリードすることが期待されているため、このPSGへの愛の宣言は非常に迅速に実行されなければなりません。 彼は、7月15日金曜日にQuevilly-Rouenと対戦するトレーニングセンターで予定されている、このプレシーズンの最初の親善試合の準備をするために数日かかります(午後5時)。

その後、ネイマール、ムバペ、メッシなどが、川崎(7月20日)、浦和(7月23日)、大阪(7月25日)との3試合ツアーのために日本に飛びます。 その後、パリのグループはイスラエル、テルアビブに直行し、チャンピオンズトロフィー(7月31日日曜日午後10時)中にFCナントに挑戦しました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。