キャロリン・ガルシアは苦戦するが、ウィンブルドンの第2ラウンドに進む

勝利は久しぶりでした。 しかし、太ももに印象的なストラップを付けていたキャロリン・ガルシアは、3セット目のスーパータイブレークの後、最終的に世界で204番目のプレーヤーである宮崎百合子を引き継いだ。 2019年以来の最初のタイトルを獲得したドイツからかろうじて上陸したフランス人女性は、最初のセット(4-6、6-1、7位)を失った後、ウィンブルドンの2回戦予選を奪って必需品を守りました。-6 [4])。 彼女は現在、アリソン・ヴァン・ユトヴァンクをストレートセットで破ったエマ・ラドゥカヌと付き合っています。

キャロリン・ガルシアは時々糸を失いました

リヨンにとっては、攻撃的なテニス(13勝利ポイント)とフォワードゲーム(ネットで8/12)をプレーした完全に支配的なセカンドセットのように、すべてが簡単だったかもしれません。 しかし、現在世界で55番目はスレッドを失っています。 それは最初のセットの終わりに、彼女が4つの重大な強制されていないエラーの後で4-4で彼女のサーブをあきらめたときのケースでした。 その背後で、ブリトン人(宮崎は3月まで日本の色を擁護した)はこの最初の行為を完了することを躊躇しませんでした。

ガルシアは、3番目のセットでもいくつかの複雑なパスを持っていました。 彼女は最初に休憩を取りましたが、すぐにこのリードを再び失いました。 ライトが数分間消える前に、彼女は対戦相手の対決を非常に迅速に再開したので(4-3、サーブが続く)、それほど深刻ではありません。 フランス人は9ポイントを続けて認め、それから生き続けるために仕えなければなりませんでした。 しかし、彼女は先週、緊張した瞬間に対処できることを示し、スーパータイブレークで展開する前に、ちょうどいいタイミングで自分自身をまとめることができました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。