ケベックビーフは1キロあたり150ドル以上かかります

BELÖIL– 非常に柔らかい肉が特に高い価格で販売されている日本原産の牛の一種であるケベック和牛に対する需要が強いため、価格インフレは一部の消費者を怒らせていますが、明らかにすべてではありません。

5月26日、モンテレジーのブロイユにある食料品店は、2種類の和牛フィレミニョンを1キロあたり167ドルで、もう1つは1キロあたり328ドルで提供しました。 写真:Martin Menard / TCN

5月26日、モンテレジーのメトロプラスリエンドーブロイユで、ケベックで育てられた和牛のテンダーロインは1キロあたり167ドルで売られ、ケベックの外の農場からの別の和牛のテンダーロインは1キロあたり328ドルも売られました。

モンテレジーのFermeGuyNoiseuxは、マリービルの彼の群れから和牛を提供しています。 農場から直接、メトロ・ド・ブロイユやIGAエクストラレマルシェランバートなど、この地域の一部のスーパーマーケットで生産物を販売しています。 この肉は、その優れた霜降りにより、柔らかさとバターのような風味で知られています。

人気

ブリーダーのGuyNoiseuxは、需要を満たすのに十分ではありません。 「在庫を持って配達できなかったため、他の顧客を探していません」と、農場で年間250頭の死骸を生産している男性は言います。 彼は、Centre-du-QuébecのパートナーブリーダーであるJeannotLuckenuikが所有するWagyuQuébecブランドで肉を販売しています。

他の和牛ブリーダーはケベックに存在しています。 100%和牛や肉を他の品種と混ぜて提供するものもあります。 Guy Noiseuxは、75%の和牛と25%のアンガスビーフを選びます。 「」 [Quand c’est mélangé]、動物はより強く、健康と体重増加はより良く、肉の味には実際にはあまり違いはありません。 もしそうなら サラブレッド私は肉をより高い価格で売らなければならず、ある時点で消費者はもはや従わなくなるでしょう」と彼は分析します。

ケベックでの和牛の繁殖は、いかなる協会や規制によっても監視されていません。 したがって、給餌、遺伝学、繁殖管理はブリーダーごとに異なります。 Guy Noiseuxでは、牛に飼料と醸造用穀物が与えられ、エネルギーのためにトウモロコシが追加されています。 動物は牧草地に出て行かない、それはあまりにも多くの筋肉を蓄積し、優しさを減らすだろう、とブリーダーはインタビューで言います 地球

屠殺は課題の1つであると彼は強調します。 「特に死骸で多くの間違いがあったので、私たちは食肉処理場を変えなければなりませんでした。 良いサービスを受けるのは難しいです」とブリーダーは言います。 しかし、彼らの顧客は、ハイエンドカットの順番待ちリストがある製品を気に入っています。 さらに、動物の低貴な部分にとらわれないようにするために、ブリーダーは、フィレミニョンやサーロインステーキを希望する顧客に、サーロインなどの低貴な部分をある程度持っていることを要求します。 B.フランクステーキの購入。


クレジットカードを苦しめる神戸牛

和牛と同じ血統で、日本には神戸牛と呼ばれるさらに高級なアペラシオンがあります。 日本食レストランでのステーキ1枚は200ドルかかることがあります。 からのジャーナリスト 地球 数年前、この霜降り肉を味わうために日本に旅行したとき、彼のクレジットカードにさえ「苦しんだ」。 神戸牛販売促進協議会では、神戸牛として販売するためには、遺伝子や育種のルールを守らなければならないとしています。 動物は栄養価の高い食事を与えられるべきです。 彼らは牧草地に出かけることはなく、ブリーダーはストレスを和らげるためにマッサージすることが奨励されています。 すべての基準を満たすことは、各枝肉が拒絶されないように厳格な霜降り試験に合格しなければならないため、動物が認定されることを保証するものではありません。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です