コペルワールドカップの準決勝で3人のフランス人! プラネット グリンプ

欧州選手権の銅メダリストであるマノン・ハイリーは、その日の最高のスリーカラーパフォーマンスに署名します © IFSC

コペル ワールド カップの予選が終了し、4 人のフランス人クライマーが準決勝への出場権を獲得しました!

日本の支配!

私たちはまだ驚くべきですか? 日本は男女ともに予選上位を独占!

百合草青 予選の最初のラウンドを勝ち取り、レーン 1 で唯一のトップを叩き、レーン 2 で 33+ ホールドを叩きました。 サーシャ・レーマン、これは 2 番目のプロットを接続する唯一のものです。 スペイン人 アルベルト・ヒネス・ロペス そしてドイツ人 アレックス・メゴス 3 位と 4 位に続いて、他の 2 人の日本人の前で、 本間大成緒方義之.

アメリカのコリン・ダフィーとチェコのアダム・オンドラがこの大会に参加していないため、今シーズン2個目の金メダルを獲得する可能性がある唯一の選手は、すでにヴィラールを倒した日本の本間大成です.

日本のユリクサ・アオがリード © IFSC

女性では、 ジャンジャ・ガーンブレット 日本人に倒されるだろう 森愛. 世界ランキング6位の彼女は、2019年にトゥールーズで開催されたオリンピック予選トーナメント以来、国際大会に参加していませんでした. ここで彼女は再びステージの前に立っています。 レーン 1 をリンクし、レーン 2 の上部のすぐ下にある唯一のものになります。

これまでにインスブルック、ヴィラール、シャモニー、ブリアンソンの 4 つのワールドカップ ステージで優勝している地元のヒーロー、ジャンヤ ガルンブレットが 2 位になりました。 彼女はレーン 1 のトップで転倒しましたが、2 番目のレイアウトで確保し、レーンの唯一のフロントに署名しました。

森愛の大会復帰に成功 © IFSC

4人のフランス人が競争を続ける

フランス側では、トップ 26 に進出した 4 名が決勝進出を決めました。 この日の最高のトリコロール パフォーマンスはそこから生まれる マノン・ヒル、ミュンヘンで開催された欧州選手権で最年少の銅メダリスト。 ルート 1 の頂上のすぐ近くを通過し、ルートの最後の動きに落ちて、分類で 4 位になるのに十分です。 彼女は先にいる ヘレン・ジャニコット11位、今夜のシーズン初の決勝への出場権を獲得しようとしています。 カミーユ・プジェ 21位はハーフタイム出場権を獲得するも、怪我でリタイア… 詳細は近日公開予定。

男子部門では、トップ26にフランス人選手が1人だけ入り、 ジュール・マルシャランド. 彼のキャリアの中で唯一の 2 番目のワールドカップ参加者は、全体のランキングで 12 位に強い印象を与えました。 ディエゴ・フォーベットアーセン・デュバルこの大会に参加している他の 2 人のフランス人クライマーは予選落ちし、45 位と 56 位でフィニッシュしました。

26人の最高の女性

ベスト26人

プログラムの残りの部分

9月2日金曜日:

午後8時~午後10時30分:男女準決勝

9月3日土曜日:

午後8時~午後9時:男子決勝
午後9時~午後10時:女子決勝


も読む

今日から新しい世界選手権が始まります!

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。