コラボレーション-ラバトでのモロッコ-チュニジア-日本の生物資源強化プロジェクトが完了

日本、モロッコ、チュニジアの共同研究・技術協力プロジェクトの最終セミナー「新産業の創造のための乾燥および半乾燥地域における生物資源の科学的向上」が金曜日にハッサンII研究所で開催されました。ラバトの農学と獣医学。

このプロジェクトは、SATREPSプログラム(持続可能な開発のための科学技術研究技術パートナーシップ)の下で、日本国際協力庁(JICA)と日本科学技術庁(JST)によって資金提供されており、医療および産業目的の科学的証拠を収集することを目的としています。北アフリカ地域の特定の豊富な生物資源の価値を提供するため。

このプロジェクトは、JICAと日本のつくば大学が農林水産省と協力して最終セミナーを開催し、高等教育科学研究革新省も科学技術の開発を目指しています。これらの生物資源、特にアルガンの木やオリーブの木などの石油を生産する生物資源、その他の芳香植物や薬用植物の持続可能な利用を処理、改善、さらに促進すること。

+「このプロジェクトはジェネレーショングリーン戦略のガイドラインに沿ったものです」+

2016年からモロッコとチュニジアで実施されているこのプロジェクトにより、モロッコの参加機関、つまりラバトのIAVとマラケシュのカディアヤド大学(UCA)は、日本、州の一連の技術トレーニングコースの恩恵を受けることができました。 -プロジェクトによって提供される最先端の機器。

このプロジェクトの一環として、農業省の教育・訓練・研究部長であるビラル・ハジョウジ氏は、モロッコの研究者が国際会議で60の論文と80のコミュニケーションを作成したと述べ、これらの研究の多くが共同で行われたため、日本との科学的協力の成功を強調した。研究者が行った日本のもので行われました。

その際のスピーチで、SATREPSプロジェクトのディレクターでもあるHajjouji氏は、このプロジェクトは、農業セクター、この場合は有機セクターの開発を目的としたジェネレーショングリーン戦略のガイドラインに完全に準拠していることを強調しました。芳香植物と薬用植物のそれ。

倉光秀彰駐モロッコ日本大使は、日本が設計したSATREPS技術支援システムは、双方の研究者が外部研究所の新時代の到来を告げる機会であると指摘した。

+目的は「交換とアドバイスのためのプラットフォーム」を作成することです+

さらに、倉光氏は、知識ベース、グリーン、市民ベース、包括的経済に向けた新しい開発モデルによって追求されている大きな経済変化の方針を歓迎し、科学研究とイノベーションはそのようなものを見つけるための真の解決策が可能な分野であることを確認しました突然変異。

同じことがモロッコのJICA駐在員である伊藤隆氏にも当てはまり、持続可能でより効率的な利用のために地域独自の天然資源の開発に関する交流と協議の場を作ることが期待される目標であると説明した。

その後、タカシ氏は「このプロジェクトの完了は、この分野での協力の終わりではない」と述べ、生物資源をさらに活用するために研究を継続するよう研究者に促した。

この会議は、行政、学術大学、研究機関、業界団体、民間セクターの代表者、日本企業、チュニジアの高等教育科学研究省の代表者が出席するハイブリッド形式で開催されました。

Article19.ma

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。