コンゴ民主共和国: 日本は地域警察活動を強化するプロジェクトに 380 万米ドルを支払う

2022年11月14日火曜日、南紘コンゴ民主共和国日本国大使代理と国際移住機関(IOM)のファビアン・サンビュッシー代表は、「活動を強化するためのプロジェクト」に関する交換公文に署名するために行きました。コミュニティ警察の」。

実際、日本政府が資金提供したこの 380 万ドルのプロジェクトは、日本とコンゴ民主共和国間の二国間安全保障協力の継続的な強化の一環です。

このプロジェクトは、とりわけ、タンガニーカ州カレミーにあるコンゴ国家警察の訓練センターを改善することを目的としていることは注目に値します。 地域警察の原則に従って警察官の能力を構築する。 コンゴ国家警察の警察署と準警察署の建設、修復、設備。

実際、日本大使によると、このプロジェクトは、最近実施された第 2 フェーズの「人と平和のための警察の専門化 (P4P)」プロジェクトを補完し、強化するものです。

南浩氏はまた、平和と人間の安全保障の概念に対する日本の愛着を強調し、「平和と安全の強化は、コンゴ民主共和国における日本の協力の柱の 1 つです。

「日本は、コンゴ民主共和国政府の警察改革を支援し、人権を尊重して義務を遂行する共和主義的で専門的かつ合法的な警察力を国に提供することに引き続きコミットしている」と彼は述べた。

さらに、「基本的に、平和を確立するための鍵は、住民と法執行機関の間の信頼を回復することです。 この信頼は、コンゴ民主共和国の現在の社会政治的状況を考えると、なおさら重要です。」

調印式は、副首相兼内務・治安・地方分権化・税関担当のダニエル・アセロ大臣の出席の下で行われたことに注意してください。

アグネス・カヤンベ

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です