サイバー攻撃の疑いでトヨタが日本での生産を停止

東京| 世界的な自動車大手のトヨタは月曜日に、サイバー攻撃によって引き起こされたと日本のメディアが言った地元のサプライヤーの「システム障害」のために火曜日に日本の14の工場での生産を停止すると発表した。

トヨタはそれがサイバー攻撃であることを確認せず、問題はサードパーティ企業である小島プレス工業に起因していると簡単な声明で主張した。

小島プレス工業に近い筋は、日経新聞に「ある種のサイバー攻撃に見舞われたのは事実だ」と語った。

「トヨタの生産システムをできるだけ早く稼働させることを最優先して、被害を評価している(…)」と情報筋は付け加えた。

自動車産業向けのプラスチック部品を製造している小島プレス工業のウェブサイトも月曜日に利用できなくなった。

AFPのインタビューを受けたグループのスポークスウーマンによると、現在、トヨタは火曜日に状況を確認することを計画した後、わずか1日間日本での生産を停止しました。

これは火曜日の「約13,000台の車両」の生産に影響を与えるだろうと彼女は言った。

この事件は、日本を含むウクライナへの侵略でロシアを制裁した国々が、サイバー攻撃の形でモスクワからの報復のリスクが高いと認識されていることに警戒しているために起こります。

日本政府は、トヨタの生産に対するサイバー攻撃の可能性が、東京がモスクワに対して発表した制裁措置に関連している可能性があるかどうかを検証しようとしている、と岸田文雄首相は月曜日に記者団に語った。

「完全な試験なしでは(現時点では)答えるのは難しい」と岸田氏は警告した。

日本の産業力の象徴として、トヨタはサプライチェーンの混乱と半導体の世界的な不足のために、ここ数ヶ月で生産目標を数回下げることを余儀なくされています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。