サウジアラビアとフランスはエンターテインメントの関係を強化しています

ジェッダ:王国の多くのアニメファンにとって夢が叶います。 5月19日、シティウォークは、中東で初めてのジェッダに、最新の近所であるアニメビレッジをオープンしました。 ドメインは6月末まで開いたままになります。

アニメヴィレッジでは、映画上映、音楽パフォーマンス、漫画家の出迎え、クリエイタートーク、パレードなど、さまざまな活動を行っています。

このエリアには、進撃の巨人、ナルト、キャプテン翼、ガンダムなどの人気アニメシリーズに触発されたいくつかのエリアが含まれています。

最大の魅力は、シリーズキャラクターの等身大のフィギュアやアニメの有名なシーンのオブジェクトや画像を展示する小さな博物館など、有名な「ナルト」アニメのメインコレクションを収容するこの葉村です。

2番目に大きいエリアはAnimazeで、訪問者はHunter x Hunter、Ghost in the Shell、My Hero Academy、Demon Slayer、Bleach、「呪術廻戦」などの人気アニメシリーズを読みながら迷路を歩くことができます。 迷路の中にお気に入りのキャラクターを表示して写真を撮ることができます。

また、PAC-Manアーケード、着物日本食レストラン、ハローキティストア、中東で最初にオープンしたアニメアニメストアがあります。

簡単な情報

•アニメヴィレッジでは、映画上映、音楽パフォーマンス、漫画家会議、クリエイターインタビュー、パレードなど、さまざまなアクティビティを提供しています。

•このエリアには、進撃の巨人、ナルト、キャプテン翼、ガンダムなどの有名なアニメシリーズに触発されたエリアがいくつかあります。

•最大の魅力は、人気アニメ「ナルト」のメインコレクションが収められているこの葉村です。この村には、シリーズのキャラクターの等身大の置物や、有名なアニメシーンの工芸品や画像を展示する小さな美術館があります。

コミックストアは、サウジアラビアの漫画雑誌MangaArabiaが所有しています。 地元の漫画雑誌の配布と宣伝に加えて、この店では、フォトブース、日本の名刺、ホリデーフェイスペインティング、子供向けのカラーリングコーナーを提供しています。

進撃の巨人、ゴジラ、キャプテン翼、ガンダムなど、アニメやマンガを専門とする他のセクションでは、訪問者はバーチャルリアリティゲームを楽しんだり、お気に入りのキャラクターと一緒に写真を撮ったりすることができます。

村は、サウジアラビアのYouTuberによるショー、Ai Showとしても知られるアニメーションアイコンショー、コスチュームショー、Rasha Rizkによるコンサート、映画「呪術廻戦」の上映でグランドオープンを開始しました。

2日目は、日本で最も有名なホラーストーリーの作者である児島宮子と、映画「ゴジラ」の監督、俳優、ホラーストーリーライター、主人公である夫のノーマン・イングランドとのライブインタビュー。

日本の歌手、藍井エイルは王国で最初のコンサートを行い、サウジアラビアで演奏した最初の日本人アーティストでした。 ツイッターでの経験を共有し、「アニメブースや日本のアニメが好きな人、コスプレを着た人がたくさんいました! 最高の時間を与えてくれたサウジアラビアに感謝します。 »»

グランドオープニングの終わりに、村は再び児島とイギリスをステージに招待し、コスチュームショーを開催しました。 リズクは最後にステージで歌い、DJナリマンと共演しました。

イギリスでの彼女の経験についてアラブニュースに話して、イギリスは言いました。 「私たちはサウジアラビアが大好きです! みんなとてもいいです。 彼はまた、レッドシーモールで出会った人々の友情についての話を共有しました。

児島は、地元の人がマンガにそれほど興味を持っているとは思っていなかったと言い、王国への短い旅行は彼女が間違っていることを証明した。

「私はここに2日しかいませんが、サウジ文化の活気はとても感動的で、彼らがマンガアラビアで作成した地元の漫画でそれを感じることができます。 »»

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です