サウジアラビアとフランスはエンターテインメントの関係を強化しています

JEDDAH:JAM Projectはサウジアラビアでのデビューで歴史を築き、サウジアラビアでコンサートを開催した最初の日本のバンドになりました。

ショーは、金曜日にジェッダのシティウォークのアニメビレッジエリアで行われた特別な活動とパフォーマンスの一部でした。

JAM Projectは、「Garbo」や「Cardfight!」など、多くのアニメシリーズや映画の主題歌を歌うことで知られるアニメ音楽ジャンルグループです。 ‘、’サイボーグ009’と有名な’ユギオー! ほか「ワンピース」「ワンパンマン」。

左から右へ(福山芳樹、影山ヒロノブ、奥井雅美、遠藤正明)。

街中で響き渡る様々なアニメ主題歌を披露。 ワンパンマンヒーロー!!、クラッシュギアの「クラッシュギアファイト!!」、ワンピースの「ウィーアー」、ドラゴンボールZの「チャラヘッドチャラ」などが演奏された。

24歳のファンであるWaadAl-Harbiは、人気アニメ「ワンピース」を通じてJAMProjectに紹介されたと語った。 「私たちの間にフェンスを張ってJAMProjectのコンサートに行き、私のお気に入りの曲をライブで聞くことは夢の実現です」と彼は言いました。

「このグループは『ワンパンマン』を通じて紹介されました」と、28歳のフェラス・ブハリは語った。「コンサートはエネルギーと良い雰囲気に満ちていて、すべてのパフォーマンスを本当に楽しんだ。 »»

金曜日には何百人ものファンがJAMProjectのKindomでの最初のコンサートを見に来ました。

JAMは日本のアニメーションクリエーターの略で、2000年7月19日に日本の有名なテーマミュージシャンである水木一郎によって結成されました。 このグループは、音楽のテーマを演奏するために集まったソロ歌手で構成されています。

コンサート終了後、ママスミ・オクイはツイッターでファンと一緒に撮った写真を共有し、「サウジアラビアのみんな、地元のスタッフ、日本人のスタッフ、そして日本から私たちをサポートしてくれたみんな」に感謝の気持ちを込めてキャプションを書きました。

土曜日にバンドはジェッダの歴史的なツアーに行きました。 グループで唯一の女性である奥井は、紺色のアバヤを着て、サウジアラビアの女性のように髪を覆った。 「それは美しい街​​並みでした」と彼は書いた。

日本のバンドJAMProjectが5月27日にサウジアラビアでデビューしました。

残りのバンド兼音響監督の山本直哉は、山本のツイッターに雪解けをした自分たちの写真を投稿した。 「サウジアラビアから戻る前に、私たちは旧市街を見学し、解凍してみんなと一緒に写真を撮りました。 。 。 笑」とツイートを読んでください。

JAM Projectには当初、創設者のミズキを含む9人のメンバーがいましたが、彼、坂本英三、松本梨香が数年前にグループを去りました。 ヒカルド・クルーズはセミレギュラーメンバーですが、残りのメンバーは影山ヒロノブ、遠藤正明、北谷宏、奥井雅美、福山芳樹です。

JAMは日本のアニメーションクリエーターの略で、2000年7月19日に日本の有名なテーマミュージシャンである水木一郎によって結成されました。 (提供された)

ジェッダシーズンシティウォークエリアは、エントリービレッジ、フードホール、ファッションビレッジ、スプラッシュ、ホラービレッジ、ジェッダライブ、アドベンチャー、ウォーターフォール、アニメビレッジの、9つの村であらゆる好みと年齢層に開放されています。

「私たちの美しい日々」をモットーに組織されたジェッダの第2シーズンは、5か月で1,500万回以上の視聴回数を記録したリヤドシーズンの成功に続きます。

毎年恒例のJeddahSeasonFestivalは、イベント期間中、9つのゾーンで合計2,800のアクティビティを通じて、街の豊かな遺産と文化を紹介することを目的としています。

フェスティバルシーズンには、70のインタラクティブな体験、60以上の楽しいアクティビティ、7つのアラビア語と2つの国際演劇、海洋イベント、サーカス、4つの国際展示会、さまざまな家族向けサービスがあります。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です