サウナ、ハマム、スウェットロッジ…なぜ汗をかくのですか?

常に人は自分自身を汗をかくために彼の想像力で競争してきました。 古代人は、この生理学的プロセスの利点を認識しており、治癒するため、または単に健康を維持するために発汗を加速する方法を発明しました。

セッティ・ダリ

に書かれています

ミニッツドクター:汗—
健康雑誌-フランス5

眉の汗でパンを稼ぐ人もいれば、汗をかく運命にある人もいます。 男はいつも蒸気浴に情熱を持っていました。

汗をきれいにする

ローマ人は温泉を作りました、ペルシャ人は彼らのハマムのために彼らに触発されました。 ロシア人は彼らのバニャを持っています。 日本人は銭湯を持っており、フィンランド人は彼らのサウナをとても誇りに思っているので、ユネスコはそれらを無形遺産としてリストしています。

世界最古のスチームバスは、2,500年前にグアテマラで発見されました。マヤ人は、神々と交わり、魂を浄化するために、お湯に身を浸しました。

日本でも、仏教寺院は心と体を浄化するために信者にスチームバスを課しました。 西洋では、発汗は主に出会いの機会でした。

話し合い、完全な透明性で交渉する

ローマ人は、単純な温水プールというよりも遊園地のように見える壮大な温泉を建設しました。 世界を哲学しながら汗をかくもの、そして最もシンプルな家具のそれ。

フィンランド人はこの概念をさらに発展させ、サウナは外交ツールとしての地位を確立しました。

フィンランドのウルホ・ケッコネン大統領は、閣僚評議会をサウナで開催し、外国人ゲストを完全に透明性のある交渉に招待しました。

健康情報を見逃さないために、ニュースレターを購読してください!

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。