サッカー: 旗手と町野はアメリカとエクアドルとの親善試合に日本代表として参加

セルティックのミッドフィールダーの旗立玲央と湘南ベルマーレのストラ​​イカー、町野修斗は、木曜日に発表された日本のワールドカップ予選のために発表された30人の選手の中にいました.

旗手は 1 キャップしか持っていませんが、24 歳の選手は、レアル マドリードとシャフタール ドネツクとの 2 つのチャンピオンズ リーグの強力な試合を含め、シーズンの素晴らしいスタートを切りました。

22 歳の町野は、J リーグ プレミア リーグで今シーズン 9 ゴールを決めており、森保一監督が健康上の理由でヴィッセル神戸の大迫勇也を欠いているため、攻撃で先発する可能性があります。

2022 年 9 月 14 日、ワルシャワで行われたチャンピオンズ リーグのシャフタール ドネツク戦でボールを奪い合うセルティックの波立玲央 (左)。 (エソンヌ情報)

森保監督は当初、11 月 20 日にカタールで開幕するワールドカップで許容される 26 人の選手を招集する予定でした。 ただし、彼は最終的なピックを発表する前に、他のプレーヤーをテストすることを選択しました。

森保監督はオンライン記者会見で、「誰かが不在でチームの総合力が落ちないようにし、決勝までに自信を持って戦えるレベルまでチームを整えたい」と語った。

いずれにせよ、森保は今週二重の怪我を負った後、当初の計画よりも多くのことをするべきだった。 ボルシア・メンヒェングラートバッハのディフェンダー、板倉浩とボーフムのストライカー、浅野琢磨は膝の靭帯を負傷しており、カタールに間に合うように戦う必要がある。

2022 年 9 月 15 日のオンライン記者会見で話す、日本男子サッカー チームの森保一監督。 (Essonne Info)

グラスホッパーズのディフェンダー、瀬古歩夢(22)は、板倉の不在で彼の最初の国際キャップを獲得することができた.

中盤と攻撃でヨーロッパの選手が支配するグループで、名古屋グランパスのウィンガー、相馬祐希は、7月に開催された東アジアサッカー協会のE-1チャンピオンシップで町野とプレーした後、彼の地位を獲得した.

浦和レッズのDF酒井宏樹選手が2月以来の復帰。

日本は 9 月 23 日にワールドカップ予選のアメリカと、9 月 27 日にエクアドルと対戦します。 Blue Samurai は、11 月 17 日にドバイでカナダとも対戦します。

—–

フルスクワッド:

GK:川島英治(ストラスブール)、権田修一(清水エスパルス)、ダニエル・シュミット(シント・トロイデン)、谷浩生(湘南ベルマーレ)

DF:長友佑都(FC東京)、吉田麻耶(シャルケ)、酒井宏樹(浦和レッズ)、谷口祥吾、山根美希(ともに川崎フロンターレ)、中山雄太(ハダースフィールド)、富安健大(アーセナル)、伊藤博樹(シュトゥットガルト) 、瀬古歩夢(イナゴ)

MF/FW:原口元気(ウニオン・ベルリン)、柴崎岳(レガネス)、遠藤航(シュトゥットガルト)、伊藤潤也(スタッド・ランス)、南野拓実(モナコ)、古橋恭悟、前田大善、旗手玲於(オールセルティック)、秀政森田(スポルティング・リスボン)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、相馬祐希(名古屋グランパス)、三苫薫(ブライトン)、堂安律(フライブルク)、上田綾瀬(セルクル・ブルッヘ)、田中蒼(デュッセルドルフ)、町野周人(湘南ベルマーレ) ) )。 )、久保建英(レアル・ソシエダ)


Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。