サーファーズパラダイス釣ヶ崎

「今日の状況は平均的です。 風は波の方向に吹き、波を和らげます。」、田中可奈子はため息をつき、海岸を眺める。 彼女の前では、波をキャッチしようとしているサーファーのシルエットで、太平洋が目に見えるところまで広がっています。 彼は15年間サーフィンに情熱を注いでおり、首都の南東60kmにある一宮町に別荘を借りることに決めました。 「私たちサーファーは海から遠く離れて暮らすことはできません」 彼女は冗談を言う。

→読む。 東京オリンピック:チャンスのテストベンチでのサーフィン

日本には素晴らしいサーフスポットがいくつかありますが、釣ヶ崎海岸は最も有名なスポットの1つです。 「私たちは年間300日波を持っています。 高さは1mから1.5mです。 J0にとっては十分ではないかもしれませんが、サーファーであれば、レベルに関係なく楽しむことができます。 サーフショップCHPのオーナー、中村真吾に保証。

一宮では、スポーツが地域経済の中心になっています。 海岸沿いを走る地方の高速道路には、トレンディなレストランやサーフショップが立ち並び、ハワイ風にアレンジされています。

過疎化の救済策

一宮市役所によると、今では年間60万人のサーファーがいます。 特に健康危機と在宅勤務の一般化以来、そこに定住することを選択する人さえいます。 「2倍の人が質問しています。今では年間400から500人になります。」 2007年に一宮町にサーファーのための不動産会社を設立したサーフィン愛好家の佐々木慎は言う。

→気候。 波の頂上でのサーフィンが心配

新農村の流入は一宮町役場にとって恩恵であり、サーフィンをしなければ、この地域のほとんどの町のように過疎化が加速していたでしょう。 「ここに定住した家族のおかげで、私たちの2つの小学校のうちの1つの生徒の数は15年間で60%増加しました」、 市役所職員の高橋勝義さんは笑顔で言います。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です