シャンパーニュ大臣が訪日中にメディカゴの所有権について話し合う

オタワ-連邦政府は、国内で唯一のCOVID-19ワクチンメーカーの株式を購入するための資金提供を検討していませんが、親会社のメディカゴと「解決策に取り組んでいます」。

フランソワフィリップシャンパーニュイノベーション科学産業大臣は、カナダを電気自動車とそれに電力を供給するバッテリーを製造するのに適した場所として賞賛し、1週間日本に滞在しました。

田辺三菱製薬とメディカゴの79%の株式を保有する三菱化学の社長との会談で、シャンパーニュは世界的なワクチンメーカーとしての同社の将来について話し合ったと語った。

そのバイオ医薬品ワクチンは、たばこ会社のフィリップモリスが少数株主であり、国連機関が業界と協力するという厳しい方針を持っているため、世界保健機関(WHO)によって拒否されました。

コビフェンズワクチンは、2月にカナダ保健省によって18〜64歳の成人向けに承認され、連邦政府は、低所得国向けのワクチン寄付計画で最大7600万回分を購入する契約に署名しました。

ただし、WHOの承認なしに寄付することはできません。

シャンパーニュ氏は、政府はメディカゴを「グローバルヘルスの世界的リーダー」にするために同社と協力していると述べていますが、これには現段階での株式購入は含まれていません。

彼は、政府がすでにメディカゴの研究開発と製造能力を強化するために投資していると述べています。

ロビイストの登録簿への提出によると、三菱はケベック州政府に支援を求めて、メディカゴのワクチンが「WHOによって積極的に受け入れられ、広く商業化される」ようにした。

「資金の性質、形式、金額は不明です」と彼女は付け加えました。

ケベック州商務大臣のピエール・フィッツギボン氏は、6月に田辺三菱製薬の幹部と交渉して行き詰まりを解消したが、日本企業はまずフィリップモリスの株式を購入するために交渉しなければならないと強調した。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。