ショーン・エドワーズは日本ではブルースに参加しません

現在、コビッドにはネガティブですが、フランスXVのディフェンディングコーチであるショーンエドワーズは、ブルースが来週の土曜日に日本側との親善試合をまだ行っていない日本には旅行しません。

XVの防衛コーチ。 フランスのラグビー連盟は日曜日にAFPに語ったところによると、日本に向けて出発する前にテストで陽性だったフランスのショーン・エドワーズはブルースに参加しない。 「今朝(日曜日編)のPCR検査で陰性だったにもかかわらず、ショーンは彼と話した後、12日間のコビッドから完全に回復していません」とFFRは述べています。 「彼が私たちのところに来て、スタッフと離れて仕事を続けないほうが合理的だと思った」と死体は付け加えた。

ラビットがブルースに加わった

ヘッドディフェンスコーチのエドワーズは、2019年のワールドカップ後にブルースのスタッフに加わり、6月22日にCovid-19のテストで陽性を示し、アタックヘッドコーチのローランラビと2人のプレーヤー、レーシング92マックススプリングとトゥーロンアイメリクリュックの後ろにいます。 それ以来、3人全員が日本のフランスのXVに参加しました。 土曜日に42-23で勝利した後、ブルースは7月9日に東京でブレイブブロッサムと出会い、夏のツアーの2番目で最後の試合を行います。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。