ジェロム・レ・バナー:「戦いは私のDNAにある」

複数のK1ワールドチャンピオンであるジェロムレバナーが、土曜日の夜のMMAGPでルアーブルオクタゴンでの戦いに戻ってきました。 49歳で、GeronimoはCNEWSに打ち明けました。

彼は、この分野のフランスの組織であるMMAGPの新版のヘッドライナーです。 ジェロム・ル・バナー(49歳)は、戦う意志を失っていません。 K1(キックボクシング)、イングリッシュボクシング、レスリング、総合格闘技を練習した人が八角形に戻ってきました。

Jérôme、新しい戦いのためにあなたを見つけます…今回はMMA。

これは私の5番目または6番目のキャリアMMAの戦いになります! 私は日本のK1の時に始めました。 特に、アメリカ人のボブ・サップ、秋山成勲、アラン・カラエフ、ジミー・アンブリッツに会いました。 それは私の好きなスポーツではありませんでしたが、私は数回戦うことができました(3勝、3敗、1引き分け)。

49歳での戦闘は複雑ではなかったのですか?

そうです、多くの人にとっては賞味期限が過ぎていますが、私はまだ最後の言葉を持っていません。 そして土曜日に私はそれを証明します。

MMAがフランスで合法化されたのはエドゥアールフィリップのおかげです

どのように距離を歩きますか

それは心の中にあり、とりわけトレーニングの中にあります。 本当に秘密はありません。 私は運動をし、哲学もたくさん読んでいます。

家での別れの戦いですか?

戦いは私のDNAにあります。 一部の人々は私を心配します、私はしません。 パイプをどこかで壊す必要がある場合は、八角形にするのが好きです。 Docks du Havreにはたくさんの人が集まるので、とてもうれしいです。 それは本当にパーティーの原因でもあります。 私の2人のルアーブルの友人であるMédineとMichaelYounは存在しませんが、市長は存在します(Edouard Philippe、編集者注)。

MMAは2020年にフランスでのみ合法化されました。 待ち時間が長かった…

承認してもらうことは非常に良いニュースです。 私は(ボクシングの)トレーナーを何度か日本に連れて行きましたが、フランスでMMAが合法化されなかった理由がわかりませんでした。 彼は定期的にエドゥアール・フィリップ、現在のルアーブル市長、元首相を訓練しています。 そして、彼を指導し、彼と議論することによって、彼は彼にMMAファイルをエリゼのテーブルに置くようにさせました。 多くの人はそれを知っていませんが、MMAがフランスで合法化されたのはエドゥアールフィリップのおかげです! ですから、ルアーブルと戦闘機として、私は誇りに思うことしかできません。

JérômeLeBannerによるL’Arèneポッドキャストへのインタビュー

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。