ジャン=エメ・トゥパーヌ:「教訓に満ちた試合」

フランス代表のジャン・エメ・トゥパーヌ監督は、日曜日のワールドカップの準備試合で日本に敗れた(59対69)。 : 「ペースを維持するのは難しかった。いつも違うプレーをする方法を知っていたわけではない。 一定の速度でプレーするべきではなく、時々ボールに対応する必要があると常に言ってきました。 我々が挑戦に応えられるかを確認する良いテストでした。 クリアできなかったため、18 ボールを失いました。 教訓が詰まったゲームです。 我々は守備を維持し、オーストラリア戦よりも成功率が低かった (金曜日、92-88)。 もう少し力を入れていれば、もっと近づいていたでしょう。 私たちはすべてのゲームに勝つつもりはありません。 ワールドカップでは、毎日違うバスケットボールをプレーします。それを覚えておく必要があります。 我々は 10 点を失いましたが、いくつかのことでプレーされました。 私たちはすぐに会い、リストを続けます。 »

フランスチームのリーダー、マリン・フォトゥー : 「オリンピック (フランスはプールで 74-70、準決勝で 87-71 の 2 回負けました) と比較して、我々は彼らに追いつくことができました。 この試合は立ち上がりが良く、点数争いがありました。 私たちはいくつかの間違いから学び、最終的に私たちを圧迫する詳細を見ました。 彼らは最初の意図で多くのプレーをし、多くのシュートを放った。 私たちは上手ではありませんでした。交代でボールを入れないようにする方法を知る必要がありました。 これらの間違いは今したほうがいいです。 昨年の準決勝での敗戦を見れば、もう心配はありません。 »

フランス代表のディフェンダー兼キャプテン、サラ・ミシェル : 「ゲームに関しては、私たちは 2 つの異なるチームです。 東京での我々のミスは、準決勝で彼らから遠く離れていたことであり、彼らのスピードを抑えるために少し距離を置いた. 今日の後半に、これらの欠点に戻ってきました。 私たちは能力が不足していましたが、そうでない場合は仕事の勉強を見つけなければなりません。 それができれば、彼らを困らせることができると思います。 守備に集中すれば、反撃やスイッチができることはわかっています。 また、失うボールを少なくする必要があります。 ミスショットは疲労に関係するだけでなく、この側面を改善する必要があります。 私たちには選手とベンチがあり、強度を維持しています。 明日(月曜日、非公式の試合で)米国と対戦しますが、それは何か違うものになるでしょう。同じプロフィールではありませんが、前に進むことができるはずです。 »

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。