ジュリアン・ギュンがインターナショナル・パッション・トロフィーを獲得

パリ (75) 11 月 6 日に行われた Equiphotel 見本市で行われたグランド フィナーレでは、フランス人候補者であり、Automobile Club de France Paris のキッチンのシェフである Julien Gune が 6 人の候補者と競い合いました。 アカデミー・キュリネール・ド・フランスが主催する第11回トロフィーの授賞式は、本日、ヨーロッパ・外務大臣のサロンで行われました。







11 月 6 日に開催された Equiphotel ショーの初日に互いに競い合った国際的な Passion Trophy 出場者にとって、長い 1 日でした。 いよいよです ジュリアン・ギュネ、フェランディ パリのキッチンで調理された料理とデザートのおかげで、その名を馳せました。 が会長を務める最古の厨房・製菓組合。 ファブリス・プロシャソン2等賞を贈呈 スフィアン・アサラールL’Huitrier Pie シェフ、Saint-Milion (モロッコ代表)、日本人候補第 3 位 茂木 亮、品川プリンスホテル、東京(日本)のTable 9のスーシェフ。 フランス人も反対した チェイニー・カイケンドールバージニア美術館、リッチモンド(米国)の副館長。 ヒューゴ・ロワゾーCERIA、アンデルレヒト(ベルギー)の料理教師。 アクセル・ガルシアレジデンス チーフ、プエルト バジャルタ (メキシコ) と ロベルト・ムニョス ロベルト・ムニョス・パティスリー、サンタジオ(チリ)シェフ。

出場者は 5 時間で 3 つの料理を準備しなければなりませんでした。 まず、有機卵、季節の野生のハーブ、アルゼンチンのエビ、ソースをベースにした前菜(国産オイル、調味料のボックス、アジアのソースを提供)。 次に、一皿: 放し飼いの家禽 2 種、詰め物、フォアグラ、副菜 3 種 (ジャガイモのベース、カボチャのベース、季節の食材のベース)、すべてソースとジュースが添えられています。 そして最後に、デザート:グルメコーヒー:A4の最大面積で8つの無料プレゼンテーション、4つの味(コーヒー、チョコレート、シューペストリー、バニラ、クリームに基づく)とコーヒーの選択。

審査委員長を務めた エリック・プラス (3 キャンバス ミシュラン メゾン ラメロワーズ シャニー)、彼の ファブリス・プロシャソン (コンペティションおよびACFのプレジデント)、 小林圭 (国際審査委員長)、 グラン・デュポン (名誉会長)、 ガイ・サントロ (国際名誉会長)および ピエール・ミラガレ (菓子審査委員長)。

#トロフィー パッション #クック #ガストロノミー


Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です