ジョー・バイデンが13か国との新しいアジア太平洋経済パートナーシップを構築

米国のジョー・バイデン大統領は、月曜日に東京のアジア太平洋地域で新しい経済連携協定を開始すると発表した。 中国によると、このインド太平洋の経済的枠組みは、最初の13か国をまとめたものであり、失敗する運命にあります。

これは中国が悲観的な目で見ているプロジェクトです。米国のジョー・バイデン大統領は5月23日月曜日に東京で、米国と日本を含む13の最初の参加国とのアジア太平洋地域での新しい経済パートナーシップの開始を発表しました。

インド太平洋経済枠組み(IPEF)は自由貿易協定ではありませんが、デジタル経済、サプライチェーンの調達、グリーンエネルギー、腐敗防止の4つの主要分野で加盟国間のさらなる統合を提供します。

「21世紀の経済競争力を確保するために最も重要な課題について、この地域の親しい友人やパートナーと協力することを約束します。e 世紀」とアメリカ大統領は付け加えた。

IPEFには当初、米国、日本、インド、オーストラリア(火曜日に東京で開催される「クワッド」の外交形式を構成する4つの州)、ブルネイ、韓国、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム。

「私たちは、インド太平洋の自由で、開かれた、公正で、包括的で、つながりがあり、回復力があり、安全で繁栄している地域に協力することを約束します」と、世界のGDPの約40%を占める国々は共同声明で述べました。

ホワイトハウスの国家安全保障顧問であるジェイク・サリバン氏は、「開かれたプラットフォーム」として、IPEFは最終的に他の国々を歓迎する可能性があると述べた。

北京が言うプロジェクトは失敗する運命にある

このアメリカのイニシアチブは、アジア太平洋地域で、この地域で影響力が高まっている世界第2位の経済大国である中国に代わるものを提供するように明確に設計されているようです。

ジェイク・サリバンは、そのように設計および定義されているため、「オープンプラットフォーム」であると確信しましたが、北京は意図的に取り残されていると感じており、すでに明確にしています。

中国の王毅外相は、米国のプロジェクトを「失敗の危険にさらされている」と見ている中国の王毅外相は、中国を「封じ込める」ことを期待して、ワシントンは「自由と開放の名の下に小さな集団を形成」しようとしている。

2017年、ホワイトハウスのジョー・バイデンの前任者であるドナルド・トランプの下で、米国は、2018年に新しい非ワシントン協定の対象となった広大な多国間自由貿易協定である環太平洋パートナーシップ(TPP)から撤退しました。

ジョー・バイデンはまた、これらの取引を主に米国での仕事への脅威と見なしているアメリカの世論に直面して、主要なFTAを再開する意図はないことを明らかにしました。

しかし、日本の岸田文雄首相はIPEFを歓迎し、月曜日に、米国が最終的にTPPの後継者に加わることを望んでいることを繰り返した。

IPEFは、「中国に代わるものをますます探している」アジア太平洋経済界から高く評価されていると、米国商務長官のジーナ・ライモンドは述べた。

台湾のないパートナーシップ

しかし、AFPがインタビューした様々な専門家は当面疑わしい。

オランダ銀行INGのチーフアジアパシフィックエコノミストであるロバートカーネルは、「IPEFは、第二次世界大戦以来、米国がこの地域で安定した勢力であり、これが地域の問題についての和解を正当化するという証拠に基づいているようだ」と述べた。 。

しかし、この地域の新興市場は、「ハードコア」な中国の投資よりもこの歴史的遺産に敏感ではないかもしれないと彼は付け加えた。

ワシントンはIPEFと「不和をまく」ことを試みています。 しかし、自由貿易協定でない限り、特に多くのアジア太平洋諸国が中国を疎外したくないので、そのパートナーシップは「非常にソフト」になるリスクがあると、上智大学東京のアメリカ政治の専門家である前嶋和弘は述べた。

シンガポールのリー・シェンロン首相は、この脆弱な武器ラインを示し、IPEFを称賛しました。これは、バイデン政府が「アジアの経済外交の重要性を理解している」と同時に「この地域の中国の経済イニシアチブも支援している」という「貴重な兆候」です。 」、月曜日に発行された日本の日刊紙日経とのインタビューで。

IPEFのもう1つの明らかな弱点は、参加国からの台湾の顕著な不在です。一方、北京がその折り返しを望んでいるその島は、半導体産業やその他の技術の世界的な中心地です。

ワシントンは、半導体やサプライチェーンを含め、「台湾との戦略的パートナーシップを強化したい」が、「二国間ベースで」行われるとジェイク・サリバン氏は語った。

AFPを使用

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です