スター・ウォーズのBB-8に似た日本とその宇宙ロボット

SPACE – サガのBB-8だったら 星の戦争 現実になる? 少なくとも、日本の宇宙機関である Jaxa の新しいロボットはそのように見えます。 記事冒頭の動画でわかるように展開してサイド ホイールを引き出し、砂の上を移動する球体です。

ソラQは本名で、月に送られるロボットです。 日本の玩具メーカーであるトミー社が開発しているのが特徴です。 特殊なアルミとプラスチックで作られたロボットは、重さ250g、直径8cmで持ちやすい。 その素材のおかげで、-170 ~ 110 °C の間で変化する月の極端な温度にも耐えることができます。

そらQは2023年に自然衛星に送られます。 彼は日本の宇宙探査を改善するために月面着陸の写真を撮ります。 この目的のために、ロボットには前後に 2 つのカメラがあります。

ただし、写真を撮る前に、おもちゃが動く必要があります。 ここでトミー社は高い技術力を発揮しました。 最初はただの球体だったロボットが展開し、側面に 2 つの車輪が配置されます。 背中にスタビライザーを装備し、エピソード 7、8、9 で登場した有名な白とオレンジ色のドロイド、BB-8 のように月の床を転がるだけです。 星の戦争.

子供用おもちゃの製造経験から生まれたデザイン。 「球体から別の形に変形します。 また、非常に小さくて軽いです。 小さいおもちゃや簡単なおもちゃを作る技術、おもちゃを動かす技術はすべて実装されています」と、トミーの従業員である橋場健太氏はロイターに語った.

こちらもご覧ください The HuffPost: 初の宇宙飛行の記念日のための宇宙のケバブ

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。