スペインと日本ではどのようなエネルギーの独立性がありますか?

CO2排出量は、産業革命以前の時代と比較して150%増加しています。これは、5月18日水曜日の世界気象機関からの新しい悲惨な観測です。 建物は、ヨーロッパの炭素排出量とエネルギー消費量のほぼ40%を占めています。 スペインと日本に旅行して、エネルギーの独立性を確保するためにどのような戦略が実施されているかを確認してください。

スペインでは、太陽光発電の自家消費が大きく進んでいます

スペインでは、ソーラーパネルが屋根の上で増えています。 欧州連合で建築物のエネルギー性能指令が施行されたため、スペインで建てられたすべての住宅のエネルギー消費量は非常に少ないか、ほとんどないはずです。 さらに、消費されるエネルギーの大部分は、同じ建物内または近くにある再生可能エネルギー源によって生成される必要があります。

したがって、建物の所有者は、新しい建物にソーラーシステムを設置するか、風力、バイオマス、地熱エネルギー、空気熱などの他の再生可能エネルギー源を使用する義務があります。 「現在、21世紀のエアコンを備えた家が必要な場合は、通常、屋根に太陽光発電ソーラーパネルを設置し、空気熱暖房とエアコンを設置します。マドリッドの建築家アントニオ・エルナンデスは説明します。 一方で、供給やエネルギー価格の変動に依存しなくなったため、エネルギーは自給自足で経済的に実行可能です。」

実際、スペインの太陽光発電の自家消費は大きな進歩を遂げています。 現在、ドイツの新しい建物で最も広く使用されている再生可能エネルギー源です。 スペインは年間平均約3,000時間の日照を楽しんでいるため、ソーラーパネルは家のエネルギー消費の大部分をカバーできます。 サンチェス政権が2018年に「太陽税」をめぐる論争を廃止して以来、太陽光発電の自家消費は活況を呈しており、需要は封じ込め後に爆発的に拡大しています。 太陽光発電モジュールは、特に太陽が輝いておらず、従来のグリッドが引き継ぐ場合は、すべての要件を満たすことはできません。 逆に、晴れた日には、ソーラーモジュールによって生成された余剰電力が一般グリッドにフィードバックされ、ユーザーはこれに対して料金を受け取ります。 したがって、このシステムは、ユーザーにとっての環境的および経済的利益と同義です。

主に政治的障害による長年の停滞の後、現在の政府は2​​050年までに100%再生可能エネルギーに到達することを計画しているため、スペインの電力の自家消費の将来は非常に有望であると言えます。 そして、太陽は最良の選択肢のようです。

日本では、エネルギー自給の問題が発生します

福島原発事故から11年経った今でも、日本は状況を改善していません。 2011年の原発事故前よりもエネルギー輸入への依存度が高まっている。ガス、石炭、石油をまとめて輸入している群島のエネルギー自給率は、福島以前の20%から15%未満に低下している。事件。 しかし、政府の計画は、日本のエネルギー自給率を2030年までに30%に増やすことです。

期待通りに原子炉を再起動することが一時的に不可能になることは、風力や太陽エネルギーの使用が弱いことに関連しています。 「日本は他の多くの国に比べて再生可能エネルギーに遅れをとっているだけです」京都大学のエネルギー専門家である安田陽氏は説明します。
しかし、理論的には、日本は、オフショアおよびオンショアの風力発電所を開発するだけで、電力需要を大幅に満たすことができます。 「日本には天然資源がないことを繰り返します安田陽は続けます、 一方、再生可能エネルギーの分野では、非常に強力な未開発の可能性があります。」 しかし、福島第一原発事故の前は、日本政府は原子力に依存しており、再生可能エネルギーに十分な投資をしていませんでした。

日本は自給自足のレベルを上げることをどの程度正確に想定していますか? まず、再生可能エネルギーのシェアを増やすことにより、太陽光、水力、風力、地熱、バイオマスを含めることで、これらすべてが2030年の発電量の36%を占めると予測されています。 政府は核兵器のより大きな回復を望んでいる。 長期的には、日本人の大きな願望は、自動車、発電所、または産業プラントに燃料を供給するために水素とアンモニアを使用することです。 エネルギー庁の高官は、政府の決定を歓迎した。 「昨年10月に新しいエネルギー計画が承認され、初めて水素の場所が明確に言及されました。 これは、技術とサプライチェーンの開発を進展させることを意味します。」

福島地域がパイロットプラントで象徴的に主導的な役割を果たしたいとしても、水素は2030年に日本の電力の1%しか供給せず、エネルギー自立への貢献は当面は重要なレベルに達することはありません。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。