スポーツ| 日本:史上最大の相撲チャンピオン、白鵬が引退

東京-20年のキャリアの中で日本の分野でほぼすべての記録を破った偉大な相撲チャンピオンの白鵬は、スポーツから引退することを決定した、と相撲当局は月曜日に確認した。

相撲の最高ランクである36歳のモンゴル生まれの横綱は、彼のキャリアで記録的な45のトーナメントで優勝し、スポーツのトップでほとんど挑戦することなく君臨しました。

しかし、怪我に圧倒されて、彼の競技会への参加は近年ますますまれになっています。 しかし、彼はその年の7月のトーナメントで1回も負けずに優勝しました。

しかし、彼が所属する「へや」(兄弟)でのコロナウイルスの症例のため、白鵬は日曜日に終了した東京での秋のトーナメントに参加することを妨げられていました。

「白鵬がキャリアを終えた書類を送ったことを日本相撲協会(AJS)の会長から知りました」と、AJS加盟組織の横綱が月曜日に開催した記者会見で、審議評議会の矢野弘典会長が発表した。 。on。

地元メディアによると、彼は右膝の痛みが長引くため、タオルを投げ入れることにしました。

-「素晴らしい仕事」-

東京東部で相撲大会が開催される国技館の近くで、地元の人々は月曜日に彼の卓越したキャリアを称賛しました。

「彼は怪我のために多くの戦いを逃しました(…)、彼は肉体的に苦しみ、すでに30歳を超えています。 彼は一生懸命働いた」と語った。

「彼に言いたいのは、+よくやった、素晴らしい仕事+。彼は日本に来て、相撲と横綱になりました。それは小さな偉業ではありません」と酒井隆さん(76)は語った。

「彼はまた、日本人の嫉妬の標的でもありました。 彼は日本のレスラーよりも強かった」と語った。

白鵬は、モンゴルから到着して間もなく、2001年に戦闘が行われる土俵である「土俵」に初めて足を踏み入れ、2007年に横綱の最高位に昇格した。

同胞の朝青龍との激しいライバル関係は、2000年代後半にファンを喜ばせ、スポーツへの関心を著しく弱めました。

鶴竜が3月に引退した後、唯一活動的な横綱である白鵬は、先月日本人になったもう一人のモンゴル人、照ノ富士が7月にランクに加わった。

白鵬は2019年に日本国籍を取得しました。これは、相撲部屋にとどまり、数年前に見つけ始めた若い才能の訓練に集中できる自分の相撲部屋を開くための要件です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。