スマートフォンゲーム:日本人ユーザーの3分の1が1日1時間以上

エデュテインメントエンターテインメント

最近の調査によると、携帯電話でゲームをする日本人のほぼ3分の1が平日1日1時間以上過ごしています。 そして、かなりの数のプレーヤーがアプリ内購入を行っています。

パンデミックにより野外活動が非常に制限されているため、人々はますますスマートフォンを使用しています。 ネオマーケティングは、日本で携帯電話でゲームをしている10歳から30歳までの800人を対象に調査を実施しました。 この調査では、回答者の大多数が1日あたり「10〜30分」または「30分〜1時間」のいずれかでギャンブルをしていることが示されました。 しかし、よく見ると、平日は30%の人が1日1時間以上ギャンブルをしており、休日はその数が40%近くに増えていることがわかりました。

回答者の半数以上または52.3%が、モバイルゲームにお金をかけたことがないと答え、40%以上がアプリ内購入を行ったことがあります(アプリ内)。 特に、30.6%が商品を購入しました アプリ内 そして22.1%がこのタイプのゲームでランダムに獲得したアイテムを受け取るためにお金を費やしました ガチャ (これは、ゲームの品質を向上させるために、プレーヤーが必須またはオプションのコンテンツを受け取るために支払うことを奨励します)。

ゲーム内購入にお金を使う人の中で、過去6か月の平均月額は41.5%が500円(4.40ドル)、80%が3,000円(30ドル)でした。

パズルは短時間で簡単に解けるため、最も人気のあるタイプのゲームです。 ロールプレイングゲームが2番目に来ます。 パズルはプレイヤーの年齢に比例して増加し、男性よりも女性の方が多くプレイされました。

(表紙写真:ピクスタ)

テレビゲーム
テクノロジー
スマートフォン

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。