セイコープレサージュシャープエッジ:昨日の時間、今日の時間



Pまたは、1881年に東京で設立された時計職人セイコーには2つの利点があります。 まず第一に、それは経験と技術的熟練によって育まれた長い歴史を持っています。 次に、日本の魂を不滅にし、並外れた芸術的遺産の恩恵を受けます。 彼のラインの新しい部分は、これの具体的な証拠を提供します。 予測が鋭い。 「わずか2年前の発売以来、このコレクションは、伝統的な機械式時計製造の職人技と断固としてモダンな日本のデザインの組み合わせにより、高級時計の世界で急速に定着しました」とセイコーは確認しています。

浮世絵GMT

今日、4つの新しいモデルがPresageSharpEdgedシリーズを完成させています。 ひねりを加えた:これらの作品はそれぞれ、日本文化の中心への旅を提供しながら、ブランドの技術的ノウハウの側面を強調しています。 GMT機能のおかげで、最初のバージョンは主にグローブトロッターを対象としています。 直径42.2mmのスチールケースと大きく開くことができる文字盤により、この時計は完全に読みやすくなっています。 時間、2番目のタイムゾーン、日付、およびパワーリザーブが非常に明確に表示されます。 これらの特性と自動巻きキャリバー6R64の性能に加えて、視覚的な誘惑が特に研究されています。織り目加工の文字盤は、夏に浮世絵のアーティストが作られました。 江戸時代(1603〜1868)にさかのぼるこの日本の美的傾向には、オリジナルの民芸品だけでなく木版画も含まれていました。 セラミックベゼルは、GMT機能に関連付けられた24時間の目盛りと同じ象徴的な青を身に着けていることに注意してください。

日本美術の開いた窓

この前例のないPresageSharpEdgedコレクションの他の2つの作品は、文字盤の左側にある円形の窓から自動巻きの機械式ムーブメントを展示しています。 範囲の最初。 この開口部は、快適な70時間のパワーリザーブを備えた新しいキャリバー6R38の内部の仕組みを明らかにしています。 しかし、オシレーターを定期的に叩くと目を引くと、あさのはや「麻の葉」をモチーフにした文字盤全体を鑑賞せざるを得なくなります。 千年以上前の平安時代から多くの日本の織物に見られるこの古代の装飾品は、その丈夫さと急速な成長で知られるこの植物に代表される健康と活力の象徴に人気があります。

ブラックミラノマルチニードルカラー

4番目のバージョンでは、3時、6時、9時の位置に複数の針があるため、曜日、日付、パワーリザーブが表示されます。 これらの機能はキャリバー6R21によって提供されます。キャリバー6R21はコレクションの中でその位置を見つけ、エレガントであると同時にプロファイルがスリムな再設計されたケース(直径40.2 mm)の中心に位置します。
新しいプレサージュシャープエッジヴィンテージ2022コレクションの各文字盤は、特定の伝統的な日本の色合いが特徴であることに注意してください。 トビの色であるクリトビは、マルチハンドウォッチに搭載されています。 ベージュのシルクの白であるシロネリとインディゴブルーの愛澄は、心のこもった時計に特別な顔を与えるために使用されています。
セイコーは、昔のアートと現代のデザインを融合させ、日本では他のどこよりも過去が古代の現在であることをしっかりと証明しています。 そして未来現在未来…

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。