セネガルの3つの開発プロジェクトに対する日本からの大規模な支援-AgenceAfrique

日本は、2022年度の国民皆保険(CMU)支援プログラムおよび食糧救済プログラムのフェーズ2である人材育成奨学金プロジェクトに520億CFAフラン以上を拠出しました。

これらの資金は、6月16日にセネガル経済計画協力大臣のアマドゥ・ホットとセネガル・伊沢修駐日日本大使が署名した覚書で予見されています。

人材育成奨学金プロジェクトは、2億2400万円(11億2000万CFAフラン)までの寄付です。

その目標は、日本での研修後の経済的および社会的開発措置の設計と実施において、人材育成、特に若いセネガル公務員の育成を支援することです。

100億円または500億CFAフランの国民皆保険支援プログラム(フェーズ2)は、サービスの質を向上させ、医療サービスへのアクセスに対する経済的障壁を取り除くことを目的としています。

食糧救援プログラムはまた、2022年度に2億5000万円、約12億5000万CFAの寄付を表しています。

「この重要な支援は、公務員の能力開発、人的資本の開発、医療プラットフォームの回復という目標を達成するための調整および加速優先行動計画(PAP2A)を通じて具体的に表明された政府の優先事項に沿ったものです。」とアマドゥは説明しました。 Hott。

これらの日本の基金は、セネガルが持続可能な開発目標(SDGs)を達成するのを支援することを目的としています。SDGsの実施に関する自主的国家報告の政治的検証のためのワークショップが6月16日にセネガルの首都で開催されました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。