セネガル:エファージュ、ワバッグ、トヨタがマメレス海水淡水化市場を征服

これで、マメレス海水淡水化プラントの建設の準備が整いました。その礎石は、最近セネガルの元首であるマッキー・サルによって築かれました。 この飲料水供給プロジェクトの実施には、3社のコンソーシアムが委託されました。 これらは、日本の豊田通商株式会社、インドのVA Tech Wabag、フランスのEiffageGénieCivilです。

セネガル国立水会社(Sones)が締結した契約は、5万mの容量の海水淡水化プラントの建設に関するものです。3 1日あたり(100,000 mまで拡張可能)3 日)ダカールの自治体、レマメレスで。 このプロジェクトはまた、セネガルの首都の給水を改善するために、少なくとも243kmのパイプラインを更新することを目的としています。

1億4600万ユーロ相当の契約

この契約に基づき、1億4600万ユーロ相当のVA Tech Wabagは、エンジニアリングと調達、および運用と保守(O&M)を提供します。 「コンソーシアムの契約額の約3分の1を占める」、ラジブミッタルの周りのグループは言います。 範囲には、電気機械設備の全体的な設計、エンジニアリング、供給、設置と試運転の監督、その後の2年間の施設の運用と保守が含まれます。

また読む-リビア/チュニジア:インドのVaTechは新しい飲料水プラントを建設します

VA Tech Wabagによると、利用可能なスペースと困難な地形を考えると、Mamelles淡水化プラントはコンパクトなシステムを備えた逆浸透技術に基づいています。 建設工事はエファージュ・ジェニー・シビルが担当し、豊田通商が共同でプロジェクトを担当します。 マメレス海水淡水化プラントの建設は資金提供されています その上 国際協力機構(JICA)からの2億ユーロの融資。

ジャン・マリー・タコウレウ

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。