ソニーがビデオゲームアクセサリーブランドのインゾーンを発表

日本の巨人ソニーは水曜日に、より没入型のビデオゲームの世界に特化した新しいブランドの機器であるInzoneを発表し、PlayStationコンソールエコシステムを超えてこのセクターでの存在感を高めたいという願望を示しました。

Inzoneの範囲には、現在2台のモニターと3台のヘッドフォンが含まれています。 これらの製品のほとんどはPlayStation5に適応するように設計されていますが、PCビデオゲーム市場もターゲットにしています。これは、ソニーが今までに明らかに望んでいるニッチです。

5月下旬、ソニーインタラクティブエンタテインメントグループのビデオゲーム責任者であるジムライアン氏は、PCおよびモバイル業界のおかげで、ソニーのビデオゲームの成長を「促進」したいと述べました。

「私たちはこれらの分野で大きな存在感を示していませんでした」と彼は認め、これらのメディアで「ゲーム市場の非常に狭いセグメントにいることから完全な存在感を持つことへと移行する機会を見ている」と述べた。

ソニーは、2020年末にリリースされるPlayStation5コンソールに依然依存しています。 しかし、それらの生産は依然としてパンデミックに関連するサプライチェーンの混乱の犠牲者であり、したがって高い需要を満たすのに苦労しています。

ビデオゲームのPCセグメントでは、Sonyはその大きな競争相手であるAmerican Microsoftに遅れをとっており、AmericanMicrosoftもXboxとコンソールで競争しています。

Razer、Corsair Gaming、Logitech International、SteelSeriesなど、他のブランドも「ゲーム」アクセサリセクターですでにしっかりと確立されています。

etb./alc

ソニー

MICROSOFT

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。