ソニーが橋本真司をリクルート(スクウェア・エニックス)

日本の出版社スクウェア・エニックスの元プロデューサー兼最高経営責任者兼最高経営責任者である橋本真司が、ソニーミュージックエンタテインメントジャパンにシニアアドバイザーおよびフォワードワークスの取締役として加わりました。

スクウェア・エニックスを去ったにもかかわらず、 橋本真司 引退からまだ長い道のりです。 以前はファイナルファンタジーのライセンスを強く持っていた彼は、子会社のソニーミュージックエンタテインメントジャパンとフォワードワークスを通じて、ソニーグループコーポレーションで新たな挑戦をすることを決意しました。以前の仕事では、常に業界の仲間と数え切れないほどのファンの両方のサポートを受けてきました。エンターテインメントの作成に集中したいと思っています。 続けますが、これらの新機能で何に取り組んでいるのかを正確に伝えるにはしばらく時間がかかる場合があります。 時が来たら、皆さんを更新します。 私は64歳で少し年をとっているので、それは私にとって新しい冒険になるでしょうが、いつものように私は皆のサポートに感謝しています。 世界中でこれらの行を読んでいる人たちのために、私にもっと話をする時間を与えてください。 すべての創造的な心に、私はあなたと一緒に働くことを楽しみにしています!

ソニー・ミュージックエンタテインメントジャパンの新ストロングマン、橋本真司

橋本さんは主に、アニプレックスとフォワードワークスのコンソール向けのマルチライセンスビデオゲーム適応プロジェクトを監督する任務を負っていましたが、モバイル/タブレット向けのプロジェクトも監督していました。 彼の専門知識とネットワークにより、彼はまた、吉田憲一郎が率いる多国籍企業の事業を統合するためのパートナーシップと将来の買収を促進することができました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。