ソニーは技術に自信があり、200万PSのVR2の生産を開始する

この件に詳しい複数の情報筋によると、ソニーは 2023 年 3 月までに 200 万台の PS VR 2 バーチャル リアリティ ヘッドセットを生産する予定です。

ソニーは、約 200 万台の新しいヘッドフォンを生産することを決定することで、危険な賭けをします。 PS VRのバーチャルリアリティ 2023 年 3 月の 2 位は、世界経済の背景、資材不足、それに伴う価格上昇が家を揺るがすからです。

量産開始

ブルームバーグのジャーナリストである望月隆は、この問題に精通している複数の情報源と話をすることができ、この興味深い情報を思いついた. 日本ブランドの新しいバーチャル リアリティ ヘッドセットの発売日や価格はまだ発表されていませんが、量産は 9 月に開始され、来年初めまでには増加する予定です。

新聞が世論調査した情報源によると、ソニーは、世界的な状況と販売が必要な場合、この生産数を下方修正する可能性があります. そのため、ソニーは 2023 年初頭に、店舗での PS5 の再入荷計画の段階でヘッドフォンをリリースすることができます。 のコピーにプレイヤーが群がり、PS VR 2 市場に殺到する プレイステーション5 戦略的に意味があるでしょう。

ホライゾン コール オブ ザ マウンテンは、人々にヘッドセットを購入するよう説得するための PS VR 2 の技術的なデモンストレーションになることは間違いありません。 ©プレイステーション

これほど多くのヘルメットを販売するのは簡単ではありません

しかし、すべてが当然の結論であるとは限りません。 まず第一に、アナリストは、その名前の最初の PS VR が、発売から 8 か月後に世界中で最初の 100 万台を販売したことを思い出します。 Meta の Quest 2 ヘッドセットは、発売開始の第 1 四半期に 280 万ユニットを出荷しました。

一部のアナリストによると、ヘルメットの性能は非常に重要であり、その価格はその使用に必要なPlayStation 5の価格に匹敵する可能性があるため、さらに危険です.

それにヘッドセット専用に設計されたゲームの価格を追加すれば、請求額は平均的な家庭にとって莫大なものになる可能性があります. したがって、ソニーはそのゲームの品質で際立っている必要があり、そのうちの 20 は、ホライゾン コール オブ ザ マウンテンやバイオハザード ヴィレッジの VR 適応など、発売時に開発中です。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です