ソニーホンダモビリティ:未来の電気自動車を製造する合弁会社

ソニーとホンダは、ソニーホンダモビリティと呼ばれる合弁会社を設立する契約を締結しました。 最初の電気自動車は2025年に予定されています。 ホンダが追いつくのに十分ですか?

昨年3月、自動車メーカーのホンダとソニーが、コネクテッド電気自動車の合弁会社設立を目指して交渉を開始したことを発表しました。 4か月後、2人の日本人は、東京に拠点を置き、約7000万ユーロの初期投資を行ったSonyHondaMobilityを正式に設立しました。

2022年末に活動を開始するこの合弁事業が責任を負います。 「ホンダの高度な環境および安全技術、モビリティ開発機能、車体製造技術、およびアフターマーケットサービス管理の経験と、イメージング、センシング、テレコミュニケーション、ネットワーキング、およびエンターテインメント技術の開発と応用に関するソニーの専門知識を組み合わせます。」ホンダの関係者は説明します。

具体的には、ホンダが自動車の製造を担当し、ソニーがソフトウェアとテクノロジーの専門知識をもたらします。 ソニーの吉田憲一郎CEOが言ったように、目標は 「創造性とテクノロジーの力で世界を感動で満たす」

最初の車両は2025年から予定されていますが、プラットフォーム上でも詳細は漏洩していません。 アプリオリ電気コンセプトカーのSonyVision-Sは、ラスベガスで開催された過去3回のConsumer Electronics Show(CES)に出展したにもかかわらず、現在の形で日の目を見ることはありません。 ホンダとの合弁事業が発表される直前の2022年2月、ソニーのCFOは、彼の会社は関与しないと警告した。 「バッテリーまたは車両の製造」、パートナーシップを探すことを好みます。 自動車メーカーになることは一夜にして誰もが手の届くところにあるわけではないことを覚えておいてください(出典 選挙人)。

ホンダがこのパートナーシップを通じて電気自動車の面で韓国と中国に追いつくことができるかどうかはまだ分からない。 このネットワークの外で、ホンダは独自のeモデルを生産したいと考えていますが、2030年まではそうではありません。また、これらは主に中国市場向けである必要があります。

米国では、電気自動車の需要は日本のメーカーがリスクを冒すほど強くはありません。 それでも、GMが開発したUltiumプラットフォームをベースにしているため、プロローグを現地で販売する計画であるが、100%電気SUVは完全には派生しない。 ホンダプロローグは2024年までは期待されていません。

最後の質問です。合弁事業から生まれる将来の車は、ホンダソニーと呼ばれるのでしょうか、それともソニーを搭載したホンダと呼ばれるのでしょうか。

広告、あなたのコンテンツは以下に続きます

広告、あなたのコンテンツは以下に続きます

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。