ダミアン・マッケンジーが2023年までオールブラックスに復帰

ニュージーランドのフルバックまたはオープナーのダミアン・マッケンジー(27、40キャップ)は、日本のフランチャイズであるサントリーサンゴリアスとのシーズンの後、2023年末までオールブラックスと新しい契約を結びました。ニュージーランドラグビー連盟(NZR)は金曜日に発表しました。

ハミルトンを拠点とするニュージーランドのフランチャイズであるワイカトチーフス(スーパーラグビー)にすぐに参加し、シャツを95回着用したマッケンジーは、2023年のフランスワールドカップに先立ち、再びオールブラックスでプレーする資格があります。

しかし、オールブラックスの36人のグループはすでにイアン・フォスター監督によって指名されているため、彼は7月のニュージーランドのアイルランドに対する次の3人の親善試合には参加しません。

「」ニュージーランドのラグビーにとって、ダミアンの質と経験のある選手が国に戻ってきたとき、それは常に前向きであり、彼は彼が代表するチームに多くをもたらすでしょう。NZRのプレスリリースで引用されているように、協会の事務局長であるクリス・レンドラムは確認した。

マッケンジーはクライストチャーチで教育を受け、2016年にオールブラックスでデビューしました。日本での時間を本当に楽しんだ(…)。ピッチに戻り、ニュージーランドでチームメートやコーチと会うのを楽しみにしている。 私はワイカトチーフスとオールブラックスのファンです。運が良ければ、これらのシャツの1つをもう一度着ることができれば、すべてを捧げます。‘プレーヤーは強調した。

アイルランドとの最初の親善試合は7月2日にオークランドのエデンパークで行われ、1週間後のダニーデンで2回目、7月16日にウェリントンで決勝戦が行われます。 アイルランドは11月にダブリンでオールブラックス(29-20)を上回り、過去5回の会議のうち3回勝利しましたが、ニュージーランドの地での12試合ではまだ勝利していません。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。