チュニジアは、日本とアフリカの間の戦略的パートナーシップの最前線にいます

清水真輔駐チュニジア日本大使

2021年上半期のチュニジアへの直接投資は6,380万ディナールであり、日本はフランスとイタリアに次ぐ国内第3位の投資家であり続けています。

国際協力機構(JICA)は、チュニジアの2つの優先分野で引き続き支援を提供しています。 つまり、経済インフラと人材の育成、地域格差を縮小するための生活環境の改善です。

したがって、チュニジアとの二国間協力は順調に進んでおり、約31億ドル相当の40の主要プロジェクト(ラデス橋と発電所、スファックスの淡水化プラント、ガベス高速道路)は言うまでもなく、24の日本企業が私たちの壁の中に設立されています。メドニン)。

したがって、アフリカ連合の国家元首と政府首脳の第33回定例会議の作業の終わりに9日に行われたことは驚くべきことではありません。

2022年8月27〜28日にチュニジアで開催されるアフリカ開発会議(TICAD 8)の第8版を開始するために、国際協力機構(JICA)は、6月6日月曜日にチュニスで協力して組織しました。チュニスの日本大使館は、この素晴らしいイベントに関連する協力、活動、準備に関する最新情報を共有するために記者会見を開催しました。

2016年以来、TICAD(1993年に日本によって設立された)は、日本とアフリカの間で交互に、3年ごとに開催されています。 共同主催者(UN、UNDP、WB、アフリカ連合委員会)とともに、Ticadは所有権と国際パートナーシップの2つの原則の下で発展してきました。

JDBC:アフリカに31の事務所、54の受益国

チュニジア駐日日本大使清水真輔氏によると、ティカドはアフリカの経済と開発、社会(教育と健康)、平和(安全)の3つの課題に取り組んでいます。 すでにTicad7の期間中、日本は大陸での質の高いインフラと人間開発への支援を更新し、Ticad7に至るまでの3年間で民間部門の投資は200億米ドルに達しました。 安倍イニシアチブの下で6年間で3,000人を訓練し、他のプログラム(健康、科学技術、安全保障など)を通じて140,000人を訓練するという日本の公約は含まれていません。

「Ticad8の期間中、議論はCovid後の景気回復とそれが強調するさまざまな課題に焦点を当てます。
パンデミックの状況(デジタル化、グリーン経済など)について、大使は指摘し、焦点は民間部門とその本質的な役割だけでなく、「すべての機会を持ち、日本とアフリカ大陸をつなぐことで戦略的パートナーシップを築く」と語った。

チュニジアのJICA駐在代表である上野修平氏は、TICAD 8に照らして、アフリカとチュニジアに対するJICAのイニシアチブと活動について話し合った。

国際協力機構は、開発途上国の社会経済発展を支援する世界最大の二国間援助機関の1つとして、アフリカに31の事務所(世界96か所)を持ち、2020年には54の受益国を持ち、総投資額は2,260億円です。 2020年。

Shuheiによれば、TICAD 8に対するJICAのアプローチは、回復力があり、包摂的で繁栄した大陸を目指しています。 そしてこれは、アフリカ経済の強化、健康システムの強化、生計手段の保護、気候変動との戦い、グリーン経済へのエネルギー転換、サヘルとアフリカの角での安定化努力による統合と地域経済協力、平和と安全の支援によるものです。 ..

Ticad7と日本のアフリカへの貢献

Ticad 7の一環として、経済、社会、平和、安定という3つの主要な柱が維持されています。 経済面では、産業人材の育成、イノベーションと投資の促進、接続性を強化するための質の高いインフラへの投資、債務の持続可能性の確保、産業の多様化が目標でした。 社会の分野では、災害に強い社会を作り、質の高い教育を提供し、持続可能な都市開発を確保することが目標でした。 平和と安定の観点から、優先事項は、制度の構築と統治の強化、アフリカのイニシアチブの支援、難民、国内避難民などの支援です。

念のため、2019年にTICADはアフリカ大陸のブルーエコノミーの発展のために7つの勧告を発表しました。 違法漁業と闘い、持続可能な漁業を支援するために、日本はチュニジアに2隻の漁業監視船を寄贈しました。 12億9,000万円(3,100万DT相当)の資金は、27メートル100トンの監視船2隻の建造・取得に充てられます。

2023年後半に引き渡される予定のこれらの船は、国内および国際的な要件に応じて、チュニジアの沿岸で監視活動を実施します。 2022年のTICAD8の開催国として、チュニジアはブルーエコノミーモデルになることを目指しています。

OD

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です