チュニジアはIMFとの交渉でその「友人」を検討しています

チュニジアが IMF との交渉で提示できたであろう最善の議論は、必要なすべての確信と決意を持って、国際資金の供与国に約束した痛ましい構造改革を実施することでした。

終えた イメド・バリ

日本、ドイツ、英国、フランスのチュニジアに認定された大使は、新たな融資に関する合意に達することを視野に入れた、チュニジアと国際通貨基金(IMF)との間の交渉に対する各国の支持を繰り返し表明した。

これらの交渉におけるチュニジアに有利な立場は、ナイラ・ブーデン首相が日本の清水晋介、ドイツのピーター・ブリューゲル、英国のヘレン・ウィンタートン、フランスのアンドレ・パラントの大使と個別に開催された会合で表明された。

少なくともそれは、2022 年 9 月 29 日木曜日に政府の公式 Facebook ページで公開されたプレス リリースで政府大統領が主張していることであり、IMF との交渉が行き詰まっているように見え、チュニジアの現在の会計年度の予算のバランスをとるための財務上の必要性は、ますます差し迫ったものになっています。

社会的パートナーの影

この一連の会議で、チュニジアの指導者は進行中の交渉に向けた西側諸国の立場を模索しているようだチュニジアが 3 年間で 40 億ディナールの融資を申請したことを十分に承知している IMF の決定的な最終決定の大部分。

地域評議会からのプレスリリースによると、日本大使は、彼の国の意志を確認したと言われています。 「チュニジアの IMF との交渉を支援し、社会的パートナーとの合意に達するために、準備中の改革の重要性を考慮して」. 彼のドイツの対応者はそれをしただろう 「政府と社会的パートナーの間で合意に達し、構造的な経済改革を実施するために参加型の枠組みで取り組むことの重要性を強調した」ベルリンは付け加えます 「IMFとの交渉を支持する」. 英国大使に関しては、彼女は自分の国が 「チュニジアがIMFと交渉し、政府と社会組織の間で国家レベルで合意に達するための努力を支援する用意がある」 彼の側では、チュニジアのフランス外交使節の責任者は、彼の国がチュニジア政府とIMFの間の交渉を支持していることを示していたと付け加えた. 「政府と地元のパートナーとの合意は、改革を実施するための社会的風土を作り出すのに役立つだろう.」

地域評議会が報告したように、会ったパーソナリティの声明の最初の分析は、外交的な口調を超えて、IMF理事会内の関係国からの確固たる支持を保証するものではないことを示しています。 逆でもなく…

これらの会議を同じ日に開催することで、ブーデン夫人は、ブレトンウッズ機関との交渉で彼女の国が享受している仮説上の支援を強調したかったのですか? この場合、これらが存在しないことを説明する必要があったでしょう。 「外交バレエ」 アメリカとカナダの代表。

改革、汗と涙

いずれにせよ、チュニジアがさらに危機に陥るのを防ぐために、期待されたクレジットが最終的に付与されることを期待して、国のオブザーバーとして、チュニジアが思いつくことができた最良の議論は、交渉の貸借対照表は、必要なすべての確信と決意を持って、必要なすべての確信と決意を持って、国際援助国に約束した痛ましい構造改革を実施するものです。

特に言及された改革とその社会的コストに関する政府の秘密主義と情報の提供の拒否は、この文脈では良い兆候ではありません.

実際、これらの改革とその影響をすべてのレベルで明確に説明し、すべての政党に期待される犠牲を率直に宣言し、合理的な時間枠内でそれらをやり遂げるという国家のコミットメントに勝るものはありません。 いずれにせよ、IMF 融資の有無にかかわらず、チュニジア人は今後数年間、汗と涙を流すだけです。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です