チュニジア:Najla Boudenは、日本企業にチュニスの投資フォーラムへの参加を呼びかけています

// auto_nbsp($ content、$ echo); ?>

16-06-2022

Najla Bouden首相は、日本の投資家や企業に対し、6月23〜24日に開催されるチュニス投資フォーラムに参加して、我が国への投資機会を増やし、新しいプロジェクトを立ち上げるよう要請しました。

2022年6月16日木曜日にカスバで開催された日本アフリカ開発機構(AFRECO)の矢野哲郎会長のレセプションで、ボーデンは「チュニジアと日本の間の既存の特権的協力」を称賛し、最も重要なプロジェクトを想起した。ラデス橋、ラデス発電所、スファックスの水脱塩プラントなど、我が国の日出ずる国によって実施されています。

首相は、「チュニジアと日本の間の協力とパートナーシップの関係の強化と、チュニジア-日本-アフリカの三者間の協力の強化、特に医療、科学研究、パートナーシップによる創造において、多くの分野で強調した。大学とチュニジアおよび日本の技術センターとの間のプロジェクト「。

矢野哲朗氏は、チュニジアへの訪問は「実り多い」ものであり、外相、財務相、保健相との多数の会合が特徴であると繰り返し述べた。 同氏は、「両国間の財政協力、心血管疾患を対象としたチュニジアでの新しい日本の技術の適用に関する東京国際開発会議の最終準備、井上バルーン」に焦点を当てると付け加えた。 “。

日本人ゲストは、「チュニジアに存在する有望な可能性とアフリカ大陸レベルでの優遇措置により、アフリカ大陸との日本のパートナーシップのプラットフォームとなっている」と称賛した。

Gnetnews

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。