ティファイン・ヴロン、ポイテバインは蒸気の地に姿を消した

2018年7月29日、ポアティエからの観光客が日光(日本)からの痕跡を残さずに姿を消しました。 彼の家族は4年間、精力的に研究し、本の中でこの心に訴える検索について語っています。

彼女を見つけるために天国と地獄を動かすための4年。 日光によると、ダミアンとシビル・ブロンは、2018年7月29日以来日本で行方不明になっているティファイン・ブロンの兄弟です。 彼らは本の中でこの悲惨な探求を語りますティファインどこにいるの? (1)。

日本、
世界で最も安全な国!

ポアティエの学校生活アシスタントであるティファイン・ブロンさん(36歳)は、2018年の夏に2度目の帰国を果たしました。 彼女の旅行は細心の注意を払って準備されました:目的地の地図、Whatsappスレッドを介した絶え間ないコミュニケーション。 彼の安定したパイルプシーでさえ、彼の神経内科医を安心させた。 そして、彼女が母親に言ったように: 日本は世界で最も安全な国です! 2018年7月29日午前10時ごろ、日光のホテルタートルインから30歳の子供が姿を消した。 ホテルの部屋のベッドのビジネスとパスポート。 ラップトップは午前11時40分まで置きます。 その後、何も。 ティファインの親戚が8月初旬に日本に到着したとき、彼らはフランスの調査を待っていた。 彼女は決して来ないでしょう。 あなたは日本、いわゆる煙の国にいます。大人を失踪させることが文化的に受け入れられているという口実の下で(感情的な崩壊、自殺…)、警察は見ていません。 予備審問は開かれず、すべてが続きます:最小限の捜索、証人の聴聞会、電話による境界設定、DNAの記録…
4年間、家族は存在するすべての警察、政治的または外交的手段を活性化しました。 成功せずに。 彼女は事故を避けるために自分の費用でいくつかのパンチを導いた。 捜査官のジャン・フラノワ・アブグラルと弁護士のアントワーヌ・ベイと一緒に犯罪の痕跡を掘り起こすことは残っています。 そしてこの本。 答えを求めて、この家族の真の岐路に立つのを目撃してください。

(1)ティファインどこにいるの? 姉妹の検索、ロベール・ラフォン版、540ページ、20.90ユーロ。
www.unispourtiphaine.org

重要なデータ

> 27 2018年7月。ティファインブロンが東京国際空港に着陸。
>7月29日。 彼女は日光のホテルで正式に行方不明になっています。
>6。 8月。 彼の妹と2人の兄弟は、地元の警察に彼を見つけるのを手伝っています。
> 17 10月。 シビル・ヴロンは、ライセの中庭でエマニュエル・マクロンに挑戦します。
>2019年5月7日から17日まで。山岳救助の専門家を擁する日本の家族が捜索任務に資金を提供しています。
>7月24日から8月1日まで。 A.DsertとD.Vronが日光のデモンストレーションを開催します。
>8月4日から6日まで。 ホテルに関する新しい検索。
>2020。 Antoine Vey氏は、私立探偵のJean-FranoisAbgrallと共にファイルを引き継ぎます。
>2021年4月。審査官からの新しいファイル要求。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。