テニス。 リヨネーズ・キャロライン・ガルシアは東京を離れ、大きな後悔を抱いている

3 つの異なるサーフェスで 3 つのトーナメントを制覇したクレイジーな夏 (グラスのバッド・ホンブルグ、世界 No. 1 のイガ・スウィアテックを倒したクレーのワルシャワ、トップ 10 から 3 人の選手を獲得したハードのシンシナティ マスター 1000) と準決勝に進出した後、全米オープンのキャロライン ガルシアは、東京 (WTA 500) の波に乗りたいと思っていました。 残念ながら、彼女は大きな後悔を返すだけです。

123点から112点!

リヨンでの準決勝で倒し、ウィンブルドンで完走した中国のチャン シュアイ(日本でのこの対決の前に 2 人のプレーヤーの間で 2 対 2)に対して、世界ランク 10 位のシュアイは、その後のトーナメントへの彼女のエントリーのためにわずかに負けました。激戦の試合 (6/4、7/6、2 時間 33 分の試合での「オープン シックス センス」の勝者の場合は 7/6)、彼女のサーブを見たのは… 27 エース (彼女の後ろのポイントの 84%)最初のボール )、わずか 1 つのブレーク ポイントを認め (わずか 1 つのサービスを失った)、対戦相手よりも 11 ポイント多く獲得し (123-112)、5/4 でチャンの顔にマッチ ポイントを主張し、最終セットに戻った.

ガルシアは今、サンディエゴ (WTA 500) とグアダラハラ (メキシコ、WTA 1000) に向かう前にフラストレーションを消化する必要があり、そこで 9 位のマリア サッカリに 538 ポイント差をつけて 5 位でフィニッシュする必要があります。

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。