テレイグジスタンスは、300 のコンビニエンス ストアに補充ロボットを設置します。

日本のロボティクス スタートアップであるテレイグジスタンス (TX) と、日本の大手スーパー マーケット チェーンであるファミリーマートは、8 月初旬にファミリーマート 300 の TX Work Analytics ストアに TX SCARA AI ロボットとタスク分析システムを導入することを発表しました。今月末。 ストア チェーンがこの技術を検証したことで、サービスとしてのロボット ソリューションが米国で拡大する道が開かれました。

2017 年に設立された東京を拠点とするスタートアップ TX は、AI、ロボティクス、テレプレゼンス、コミュニケーション、バーチャル リアリティ、ハプティクスなどのさまざまな技術を採用した遠隔操作ロボットの設計、製造、運用を行っています。 彼女は、工場を超えてロボット活動の範囲を広げ、働く社会の本質そのものに革命を起こすことを目指しています.

TXスカラロボット

TX Gordon 独自の AI システムを搭載した TX SCARA (選択的コンプライアンス アセンブリ ロボット アーム) は、冷蔵棚にボトルや缶をストックするという特定のタスクを実行するように設計されています。 . アームとカメラを装備し、収納棚と顧客の冷蔵庫の背面の間をレールに沿って往復し、1 日あたり最大 1,000 杯の飲み物を移動します。 2021 年 11 月にファミリーマート チェーンの東京の店舗の 1 つで最初にテストされました。

GORDON の AI システムによって自動的に制御され、いつ、どこに商品を棚に置くかを指示し、24 時間 365 日稼働できるため、店員は顧客サービスなどのより価値の高いタスクに集中できます。

ファミリーマートの店舗開発部長兼法人鉄道・フランチャイズ部長の鹿野知宏氏は、次のように述べています。

「日本の労働力人口の減少は、ファミリーマートが安定した事業運営を維持するための重要な経営課題の1つです。 ファミリーマートの店舗にテレイグジスタンスロボットを導入することで、店員は冷蔵庫に飲料を補充する必要がなくなり、新たに生み出された時間を顧客サービスや店舗の改善に振り向けることができ、より質の高い店舗運営が可能になります。 »

補給に失敗した場合 (計算エラーまたは物体の落下)、ロボットは遠隔存在モードに切り替えることができます。これにより、バーチャル リアリティ ヘッドセットを装着したオペレーターがロボットをリモートで制御して、迅速な復旧を行うことができます。

GORDONのAIシステム

TX 独自の人工知能システムである GORDON は、自動分析モジュールを使用して、棚にある製品の入手可能性を検出します。 また、飲み物をつかむポイントを計算し、ボトルや缶を持ち上げてから置く場所までの経路計画を作成します。 一方、販売行動、つまり時期別や季節別の売れ筋商品を分析し、これらの基準に従って在庫を補充します。

「TXワークアナリティクス」システム

TXファミリーマート店舗では、TXスカラロボットに加え、ワークフロー分析ツール「TX Work Analytics」を利用できるようになります。 従業員は位置情報送信機を装着して、勤務時間中の仕事の種類を表示し、ワークロードを記録します。 TX Work Analytics は、AI ロボットがバック ストレージ エリアの棚に補充するタスクを引き受ける環境で、作業スケジュールと人員配置を最適化します。

人手不足を克服

Telexistence は、NVIDIA および Microsoft Japan とのコラボレーションにより、シンプルなロボット ワークフローを改善するという目標に向けて新たな一歩を踏み出しました。NVIDIA GPU で高速化された AI テクノロジが、Telexistence が開発したハードウェアに統合され、Microsoft Azure を介してロボットへの成果物を AI およびリモート コントロールできるようになります。プラットホーム。

この取り組みは、ファミリーマートが2019年11月から参加している経済産業省主導の「ロボット導入モデル構築推進タスクフォース」の一環でもあり、店舗従業員の削減を目指しています。ロボットの助けを借りて、事業運営のための新しいインフラストラクチャを構築します。

Telexistence の CEO である Jim Tomokia 氏は次のように説明しています。

「現在、どの業界、どの国においても、人的資源が最大の制約要因です。 特に日本をはじめとする先進国では、社会生活を支える小売業や物流業の労働力不足が急速に顕在化しています。 ファクトリーオートメーション以外の産業、社会の生活基盤となる産業において、ロボットの量産化と社会実装を推進しています。 また、自動化された作業ソリューションを米国などの他の地域にも導入します。 »

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です