ディズニーは韓国のコンテンツを称賛し、韓国のコンテンツは日本よりも優れていると言います

投稿日: 2022 年 9 月 15 日

グローバルな視点からアジアのエンターテインメント業界を見ると、通常、kpop、anime、kdrama という用語が思い浮かびます。 日本のアニメの人気はここ 5、6 年で高まっています。 韓国のイカゲームの最近の成功により、Kdrama は何百万人もの新しいファンを獲得しました。

Netflix、Amazon Prime、Disney Plus などのストリーミング大手は、韓国のオリジナル ドラマやアニメをますます制作しているだけでなく、(すでに制作されている) アジアのコンテンツを自社のプラットフォームに追加しようとしています。 ディズニーの幹部は、韓国のコンテンツが日本のコンテンツよりも優れていると考えています。

– 広告 ​​-

日本語サイトによると 中国を記録するウォルト・ディズニー・カンパニーの取締役たちは、最近のイベントで、韓国で制作されたコンテンツは、拡張性と世界にアピールするテーマの点で、日本で制作されたコンテンツよりも「優れている」と語った.

ディズニーのコンテンツおよび国際オペレーション担当プレジデントであるレベッカ・キャンベルは、記事で「ディズニーが作成する韓国の作品は、地域的およびグローバルな観点から見て、すべて素晴らしいコンテンツである」と述べていると引用されています。

さらに、(ディズニーで)アジア太平洋地域の独自のコンテンツ戦略の開発を監督するキャロル・チョイ氏は、「韓国のコンテンツは、特定のコンテンツが複数の領域で評価される拡張力の点で日本のコンテンツよりも優れている」と主張しました。国の外になり、共感を呼び起こします。

この記事を見た韓国のネチズンは、次のようにコメントしています。 「日本独自の感性を活かしたい時もあるけど、実は日本の作品は世界展開に欠けている」「ラブレター(1995年)以来、日本のコンテンツをあまり見ていません。」 現在のコンテンツは非現実的で不快です。」; 「日本は離島であり、世界市場で崇拝されるにはおそらくあまりにもユニークだ」; 「今日、韓国が日本に失うのは総人口だけだ」; 「コンテンツはさておき、韓国はK-POPはもちろん、野球、サッカー、フィギュアスケート、オリンピック、半導体、家電、スマートフォンなど、あらゆる面で日本を追い越しています。」; と 「ウェブトゥーンの人気により、韓国は「コミック大国」になりました。 残っているのはビデオゲームとキャラクタービジネスです。」.

他の人は言った 「韓国のコンテンツが日本を追い抜いたと言うのは時期尚早です。 しかし、韓国の競争力が高まり、日本の競争力が低下しているのは事実です。 「韓国はすぐに日本のようになるだろう。 日本は世界で最も高齢化が進んでいる国だからです。」 ある人は言った。

どのコンテンツが最終的に普及するかを判断するにはまだ時期尚早です。 韓ドラとアニメでは視聴者が異なります。 前述のように、ディズニーはまだ「あきらめ」ていません。ディズニーはオリジナルのアニメと k ドラマの制作に取り組んでいます。 報告によると、今後のブリーチ千年血戦アニメのストリーミング権もディズニーが獲得しましたが、正式な確認はまだありません.

一方、韓国のウェブトゥーンの人気も高まっています。 つい最近、Solo Leveling Webtoon がアニメ化の発表を受けましたが、これは韓国と日本の間の歴史を考えると不可能と考えられていました.

ソース: 中国を記録する

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。