データ操作、日本で繰り返し発生する問題

日本は公式の数字に腹を立てている。 岸田文雄首相は、4月から始まる2022年度の予算案の「間違い」が法務省、教育省、人材省によって明らかにされた後、火曜日(1月25日)に不満を表明した。 一部の金額が正しくありませんでした。 計画された課題には、目的地に関する必要な情報が不足していました。 「私はこれが二度と起こらないように命じました」岸田氏は、政府が過去最高の107兆6,000億円(8,500億ドル)の予算をめぐって困難な議論に備える中で、雷鳴を上げた。

また読む 購読者のために予約された記事 スキャンダルは日本の統計への信頼を揺るがす

経済活動を測定する政府の53の主要な指標の1つである毎月の住宅着工統計の過大評価を隠蔽したとして非難された10人の高官に対する1月21日に発表された制裁に続く問題。

2019年の初めに発見され、最初は隠され、2021年の終わりにようやく公開されました。この違法行為は、20年以上にわたって行われています。 それは国内総生産(GDP)の計算を歪めたでしょう。 斉藤鉄夫運輸大臣はそれを 「残念」 と判断 “おぞましい” 隠蔽の試み。

「先進国への恥辱」

中道左派 アサヒ 数字のこの操作を、ユーロ圏を2010年のソブリン危機に陥れたギリシャの公的赤字の操作と比較することを躊躇しませんでした。 日本での操作が新聞で明らかにされた 「先進国への恥辱」 公式統計は 「人間の体温、脈拍、血圧などの経済のバイタルサイン」。

そして、これの繰り返しを嘆くタイトル “簡易” 統計を処理するとき。 2018年の終わりに、労働省は賃金データの操作を認めました。 法は、省当局者が毎月の収益傾向を計算するために500人以上の従業員を抱えるすべての企業に相談することを要求しましたが、彼らは彼らの3分の1からのみデータを収集しました。

深刻な結果を伴う:労働省が2018年の平均給与のインフレ調整後の増加について0.2%と述べた場合、野党は実際には0.4%減少したと推定しています。 この統計は、負傷した労働者に支払われる失業手当または保険料を計算するために使用されます。 同省は、約2,000万人が負傷したことを認めた。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です