トゥールーズのロリー・アーノルドが日本へ

RMC Sport INFO-オーストラリアの第2ディビジョンサイドのロリーアーノルドは、来年の夏の契約終了時にスタッドトゥールーザンを離れ、日本に加わる予定でした。

アーノルド兄弟は来シーズン再び一緒にプレーすることは期待されていません。 スタッド・トゥールーザンが水曜日に公式に発表したように、リッチーが2025年まで契約を延長した場合、ロリーは確かに彼の帰り道にいます。 RMC Sportからの情報によると、昨シーズンフランスとヨーロッパのチャンピオンに輝いた人は、シーズンの終わりに日本への移動に近づいています。 ファイルが完成します。

2019年にピンクシティに到着した2番目の国際線(31歳、29キャップ)は、2023年のワールドカップに焦点を当てるためにシーンの変更を望んでいました。 昨年11月にスコットランドに対してチャンピオンを擁護し、イングランドとウェールズに対して、元ブランビーズの選手は2019年以来ワラビーズのシャツを着ていませんでした。

スタッドトゥールーザンの将来の拡張

それは明らかにトゥールーズにとって重大な損失となるでしょう。 それらの責任者は、スタッフとプレーヤーの両方のために彼らの最高の要素を維持するために舞台裏で働きます。 RMC Sportが水曜日に発表したように、コーチUgo Molaは2027年まで延長されましたが、Antoine Dupont、Julien Marchand、Cyril Baille、FrançoisCrosはすでにその期間に戻ってきました。 重要なプレーヤーのさらなる拡張はすぐに続くことです。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。