トゥールーズ:ワールドカップのサインの下、日仏は2023年に7000万の経済的利益を期待

本質的な
日曜、日本対フランス戦はトゥールーズのスタジアム(午後2時)。 10か月後にワールドカップに戻る前に。 13,000人以上のサポーターがいます。

ラグビーワールドカップ2023が今週末トゥールーズで開幕。 フランスと日本の親善試合の機会に、50 人以上の 5 つの代表団、ジャーナリスト、日本ラグビー協会のメンバー、観光の専門家が、日曜日の午後 2 時にスタジアムでピンク シティを発見しました。

トゥールーズで日本の意思決定者50名の代表団を歓迎

トゥールーズ メトロポール エージェンシー フォー アトラクティブネスによって開始されたこの訪問は、基本的なものです。 2023 年 9 月にトゥールーズ スタジアム (1) で開催される 2 つの代表チームの試合には、13,000 人を超える日本のファンが参加する予定です。 日本代表チームは、大会全体を通してトゥールーズでベースキャンプを行い、スタッド・トゥールーザンのハイエンド施設から特に恩恵を受けるでしょう。

2023年ラグビーワールドカップ開催中、「ポイントを集めて来年に交換する」

「これで来年に向けたポイントを獲得できた。 世界中のラグビーファンを納得させることが課題です。 ラグビーの国であり、卵形の首都であるトゥールーズは、フランス滞在の重要なステージとなるでしょう」と、Agency for Attractiveness のジャン クロード ダルドレ社長は述べています。 オクシタニアにとってのワールドカップの経済的利益は、ほぼ7000万ユーロと見積もられています。 Occitanie Regional Tourism and Leisure Committee (CRTL) も、その地域の宣伝に取り組んでいます。

2019年初の東京=トゥールーズ便、トゥールーズに日系企業設立…

キャロル・デルガ大統領は、これまで代表団を率いて日本を 3 回訪問している。 彼女は日曜の朝、オテル・ド・レギオンで日本代表団を迎える。 「地域のボランティア活動は多くの分野で実を結びました。特に、2019 年の東京 – トゥールーズ初飛行と 2020 年のトゥールーズでの日本の宇宙企業 ALE の設立によって示されています」と大統領は強調します。

11 月 25 日から 12 月 2 日まで、第 1 回「Japan Week in Occitania」を開催

Groupe Dépêche du Midi 財団と日本大使館に加えて、この地域は、11 月 25 日から 12 月 2 日まで、オクシタニアで最初のジャパン ウィークを開催しています (2)。
スタジアムでのフランス対日本の試合の前日の土曜日の夜、トゥールーズ市庁舎と地元のパートナーがキャピトルでレセプションを開催します。

トゥールーズに日本? レストランのオーナー、航空、健康、農業食品部門の幹部

Stade Toulousain にとっても、世界中のファン、特に日本で愛されているブランドを強調する機会でもあります。 彼の元プレーヤーである日野武​​志 (2019) は、スタジアムの色を着用した最初の日本人選手であり、観光局向けのビデオでトゥールーズの街を称賛しました。 トゥールーズ在住の日本人である御厨太郎は、日本チームの最も強力なサポーターの 1 人です。 この食品業界の大ボスは、トゥールーズに 300 ~ 400 人いると推定される日本人コミュニティの一員です。 そして 10 か月後には、トゥールーズとその地域を発見しようとする日本人の波が押し寄せるでしょう。

(1) 2023 年 9 月 10 日、日本-チリ(午後 1 時)および 9 月 28 日、日本-サモア(午後 9 時)。
(2) https://semainejaponoccitanie.fr/

日本人選手は日曜日からトゥールーズ近くのホテルに滞在している

11 月 12 日にイングランドで大敗を喫した後、日本代表チームのラグビー選手たちは、トゥールーズの北西にあるゴルフ ド セイルにある 4 つ星のメルキュール ホテルに落ち着きました。 彼らは今週日曜日の午後 2 時にトゥールーズのスタジアムでフランスの XV に会います。 日本の XV は、2023 年のワールドカップ期間中、トゥールーズを本拠地とし、スタッドの選手が日本をツアーしている間、スタッド トゥールーザン トレーニング センターの施設を利用できるようになります。 2023 年 9 月 10 日にチリと対戦し、9 月 28 日にサモアと対戦します。 日本代表は9月17日にニースでイングランドと、10月8日にナントでアルゼンチンと対戦する。

「日本人をトゥールーズに迎えるには、何を改善する必要があるか」と、オクシタニアで開催された第 1 回ジャパン ウィークの主催者であるブルーノ ジェームス氏は述べています。

トゥールーズの日本人は誰?

トゥールーズには約 300 ~ 400 人の日本人がおり、モンペリエと同じくらい多く、オクシタニア全体では約 1,500 ~ 2,000 人です。 彼らは、航空および医療部門に関連する駐在員です。 混合カップルが多い。

第1回ジャパンウィークinオクシタニア主催 遊女会会長 ブルーノ・ジェームス

彼らはどのように暮らしていますか、待ち合わせ場所はありますか?

日本食レストランは明らかにベンチマークですが、それだけではありません。 文化、教育の場所も。 トゥールーズ日仏協会は 15 年前から活動しており、約 40 家族が子供たちを日本語クラスに登録しています。 水曜日と土曜日に日本語コースが開講されています。

トゥールーズの住民は日本語を学んでいますか?

はい、約900名の中高生がオクシタニアで日本語を勉強しています。 これは、フランス全体の約 10% です。 トゥールーズでは、オゼンヌ高校とベルトロ高校、ジャン・ムーラン大学とラマルティーヌ大学で日本語の授業が行われています。 これは 300 ~ 350 人の学生に相当します。

日本におけるオクシタニアの経済的重みは?

この地域の開発機関によると、過去 5 年間で、オクシタニアと日本の間の経済交流は 3 倍になりました。 宇宙、医療、観光は非常に活発な分野です。

トゥールーズは、2023 年のワールドカップで日本のベースキャンプと日本代表の 2 試合を開催しますが、そのためにどのような準備をしていますか?

日本人は2023年9月と10月にフランスに数万人いると言われています。 4試合のうち2試合がトゥールーズで行われる。 だから私たちは準備ができていなければなりません。 日本人は私たちの地域が大好きで、私たちがそこで歓迎され、よく食べていることを知っています。 彼らがフランスに来るときの唯一の欠点は? 衛生と清潔。 ここは絶対に改善しなければなりません。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です