トキエアは、新しい運用をサポートするためにGMA ATRを選択します Aviation News

2022 年 10 月 2 日に David Dagouret によって公開された記事

新しい日本の航空会社は、ATR 機材をサポートするための 10 年間の契約に署名します。

ATR と日本の新しい航空会社である土岐航空は、2023 年に予定されている運航開始の一環として、ATR 72-600 を 2 機リースして、グローバル保守契約 (GMA) を締結したことを発表しました。 日本で 4 番目に大きい ATR オペレーターであるトキ エアは、そのサービスを利用して、周辺地域内および周辺地域間のつながりを増やし、コミュニティを結び付け、責任ある方法で成長を支援することにより、新潟市の活性化を目指しています。

日本の航空会社は、10 年間の GMA ATR 契約を通じて、新しい運用の信頼性を確保します。これには、会社のサイトでの部品倉庫の利用可能性、滑走路で交換可能なコンポーネントの共同サービス交換、修理が含まれるコンポーネントが含まれます。滑走路で交換され、プロペラブレードと着陸装置がオーバーホールされました。

トキエアー副社長の長谷川正樹氏は、次のように述べています。 「GMA ATRの対象となるATR航空機で業務を開始することで、新潟とその周辺地域のコミュニティに責任ある信頼できる航空サービスを提供できるようになります.ATRのGMAは、ベンダーの専門知識を持ち、業務を合理化するための適切なインフラストラクチャを備えていることを保証します. GMA の下で提供されるサポートの可用性と幅広さは、ATR オペレーターにとって利用可能な最良のオプションであり、私たちにとって理想的なソリューションです。」

ATR のプログラムおよびカスタマー サポート担当ディレクターである David Brigante 氏は、次のように述べています。 「トキエアは、遠隔地に住む日本人が私たちを信頼して主要なハブにアクセスできるように、多くの遠隔地を活性化し、不可欠な接続を提供することに取り組んでいます。 トキエアが新しいオペレーターの1社となり、共通のビジョンをサポートするための航空機とサービスで理想的なソリューションを提供できることを嬉しく思います。」


同じ話題で

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です