ドラゴンボール超スーパーヒーローが9日間で日本で12億円を稼いだ-ドラゴンボール超

ドラゴンボールスーパースーパーヒーローは9日間で日本で12億円の売上を記録しました

映画の公式Twitterアカウント ドラゴンボールスーパースーパーヒーロー 今日私たちと共有する 日本の興行収入の最新の数字。 2022年6月11日から6月19日まで日本で公開されて以来、この映画は興行収入を上げてきました。 1,274,075,790 ((€8,978,412)。 9日後は販売されたチケットの数です 947,690

ドラゴンボールスーパースーパーヒーロー 全国407劇場(IMAX版38劇場を含む)で上映されました。 この映画は、6月11日から12日の週末に日本で1位になり、50万人が入場しました。 それを映画と比較してください ドラゴンボールスーパーブロリー 2018年12月発行で、わずか6日間で13億円、100万人以上の来場者、11日間で20億円、150万人の来場者を記録しました。

これらの興行成功を記念して、6月25日から映画を鑑賞する視聴者には、鳥山明が描いたカードの一種である「ビジュアルクリアボード」が贈られます。 供給が続く間、ランダムに配布される2つの異なるデザインがあります。

ドラゴンボールスーパースーパーヒーローは9日間で日本で12億円の売上を記録しました

ドラゴンボールスーパースーパーヒーロー 東映アニメーションが制作した最新のドラゴンボール映画です。 監督は児玉徹郎。 鳥山明は再び脚本と特定のキャラクターのデザインに専念します。 の歴史 ドラゴンボール スーパースーパーヒーロー 映画の終わりの間に起こります ドラゴンボールスーパーブロリー そして、原作を締めくくる第28回天下一武道会。 孫悟空によって破壊されたレッドリボン軍が復活している。 新しいサイボーグガンマ1と2、自称「 スーパーヒーロー »、悟飯とピッコロが攻撃します。

初めて、映画は完全にCGIになります。 最初の予告編はニューヨークコミコン2021で、2番目はジャンプフェスタ2022で、3番目は昨年3月に、4番目は5月末に上映されました。 映画の公式ウェブサイトがアップしました、鳥山明の最新ニュース、最新動画、コメントをまとめたものです。 この映画は2022年6月11日に日本で公開され、2022年を通してフランスとその他の国々に上映されます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。