ドラゴンボール超スーパーヒーロー:映画の長さがついに知られる-ドラゴンボール超

ドラゴンボール超スーパーヒーロー:映画の実行時間がついに知られる

日本の映画サイトがついに映画の長さを明らかにした ドラゴンボールスーパースーパーヒーロー。 映画の説明が言うように TOHOシネマズのウェブサイトDBSスーパーヒーロー 時間がかかります 99分(1時間39分)。 最新のドラゴンボール映画と比較すると、それはほぼ同じくらいです ドラゴンボールスーパーブロリー (1時間40分)、ちょうど上 ドラゴンボールZFの復活 (1h33)、以上 ドラゴンボールZ神の戦い (1h25)ただし、長いバージョン(1h45)よりも少ない。

ドラゴンボール超スーパーヒーロー:映画の長さは1時間39分です

発売まであと1週間 日本のドラゴンボール超スーパーヒーロー。 6月10日(または6月11日)の深夜から、この映画は全国の5つの厳選された映画館で早期上映の対象となります。 これらの特別上映は、映画が完成した後、スタッフによってナレーションされます。 影響を受ける映画館は、ユナイテッドシネマ札幌(北海道)、信州の森9(東京)、ミッドランドスクエアシネマ(愛知)、梅田城7(大阪)、T-ジョイ博多(福岡)です。

ドラゴンボールスーパースーパーヒーロー 東映アニメーションが制作する次のドラゴンボール映画です。 ストーリーは、ドラゴンボール超ブロリー映画の終わりから、元のストーリーを締めくくる第28回天下一武道会の前までに行われます。 鳥山明が再び脚本を書き、特定のキャラクターをデザインします。 初めて、映画は完全にCGIになります。 最初の予告編はニューヨークコミコン2021で、2番目はジャンプフェスタ2022で、3番目は昨年3月に、4番目は5月末に上映されました。 映画の公式ウェブサイトがアップしました、鳥山明の最新ニュース、最新動画、コメントをまとめたものです。 この映画は、2022年6月11日に日本で公開され、その後2022年にフランスとその他の国々で公開されます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です