ドルは強いラリーの後に下落し、ユーロはECBの利上げで上昇

連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長がインフレに対する中央銀行の積極的なスタンスを繰り返し表明したものの、通貨の動きは昨晩非常に穏やかで、ドルの優位性が強まりました。

ユーロは0.52%上昇して1.0050ドルとなり、投機筋が混雑したショートポジションで利益を上げたため、週初めに20年ぶりの安値である0.9864ドルを記録した。

ECB は木曜日に前例のない 75 ベーシス ポイントの利上げを行い、ブロックが冬の景気後退とガス配給に向かう可能性が高いにもかかわらず、インフレと戦うためにさらなる利上げを約束しました。

単一通貨は週間で 0.9% 上昇し、3 週間連続の下落に終止符を打ちますが、今年はまだ 10% 以上下落しています。

一方、ポンドは 0.43% 上昇して 1.1547 ドルとなり、前のセッションからの損失を取り戻しました。

英国で最も長く在位した君主であり、70年にわたって国の象徴であったエリザベス女王が木曜日に96歳で安らかに亡くなったことを知った後、ポンドは一晩で下落した.

米ドル指数は 0.25% 下落して 109.25 となり、20 年ぶりの高値である 110.79 をわずかに下回りました。

ナショナル・オーストラリア銀行のシニアストラテジスト、ロドリゴ・カトリル氏は「事実上、ECBとパウエル議長は互いに打ち消し合っているため、ある種のボラティリティがあったが、最終的にはその方向にはあまり進んでいない」と述べた。

「市場は来週の米国の消費者物価指数に注目し始めていると思います。それがFRBに何を期待するかのトーンをある程度設定すると思います。」

日本円に対して、ドルは 0.29% 下落して 143.69 となりましたが、今週は 3% 近く上昇し、6 月以来最大の週次上昇となりました。

日本銀行の超ダウィ的スタンスと世界の他の国々、特にFRBとの間の政策の相違があまりにも明白で無視できないことが判明したため、今週、円は24年ぶりの安値に下落した.

日本のトップ外国為替外交官は木曜日、日本は市場で行動する準備ができており、円の「明らかに過度のボラティリティ」に対処する選択肢を排除していないと述べた。

財務省、日本銀行(BoJ)、金融庁(FSA)の関係者が同日、スライドについて話し合うために会合した。

NABのキャトリル氏は「エネルギー価格が大幅に下落したことで生活費が上昇し続けているため、通貨安は経済にとって良いという日銀の主張は空虚になりつつある」と述べた。

オーストラリアドルとニュージーランドドルもアジア取引で早期に上昇し、昨夜の下落から回復した。

オーストラリアは 0.55% 上昇して 0.6788 ドルになり、キウイは 0.47% 上昇して 0.6084 ドルになりましたが、2 つの反対の通貨は別の週の損失に向けて順調に進んでいます。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。