ドルは米国のインフレとすぐにFRBの会合によって強化された-2022年6月10日21時46分

金曜日のドルは、米国のインフレが5月に40年ぶりの高値に加速し、米連邦準備制度理事会が金融引き締めの準備をしているため、ほとんどの主要通貨に対して上昇しました。

グリニッジ標準時19:30の時点で、グリーンバックは1.39%上昇して1ポンドあたり1.2319ドルに達し、0.86%上昇して1ユーロあたり1.0526ドルに達しました。

金曜日に発表された消費者物価指数(CPI)によると、米国のインフレ率は先月の8.3%に対して前年比8.6%に達しました。 月次ベースでは、4月の0.3%から1.0%の値上げでした。

スコシアバンクのFXマーケットスペシャリストであるショーンオズボーン氏は、「CPIは予想よりもはるかに強く、市場は横ばいを望んでいたが、価格圧力が広がっているようだ」と述べた。

アナリストは、「市場は来週、75ベーシスポイントの利上げのリスクで値を付け始めているが、それは少しパニックのように見えるので、よくわからない」と付け加えた。

シティインデックスのアナリスト、フィオナ・シンコッタ氏は、「市場の動きは、FRBがインフレを抑えるためにより積極的に行動することを投資家が期待していることを示唆している」と述べた。

来週の火曜日と水曜日に会合するFRBは、数か月にわたって利上げを継続することをすでに示していますが、インフレの強さにより、各会合で利上げがさらに大幅に引き上げられる可能性があります。

米国のインフレを抑制するために、「私たちはもっと多くのことをしなければならない-そしてそれを速くしなければならない」と、米国のジョー・バイデン大統領は金曜日にドキドキした。

ショーン・オズボーン氏は、「FRBのジェローム・パウエル議長は、激しい政治的圧力にさらされ、記者会見でタカ派の口調を採用し、最終的には7月に75ベーシスポイントの利上げまたは3回目の50ベーシスポイントの引き上げを示す可能性がある」と述べた。

FRBの75ベーシスポイントの引き上げは非常にまれです。 アラン・グリーンスパンがFRBの議長を務めて以来、これは現代で一度だけ起こっています。

欧州中央銀行(ECB)は木曜日に、7月と9月に主要金利を引き上げ、超柔軟な金融政策の終了を告げると発表しました。

コメルツ銀行のアナリスト、ウルリッヒ・ロイヒトマン氏は、「私の見解では、これはユーロにとってプラスである」とコメントしている。

それどころか、他のアナリストは、ECBが欧州の債券市場の断片化の可能性を懸念していると指摘しています。

スコシアバンクのアナリストは、「ギリシャとイタリアの債務を売却することで、ユーロ圏で緊張が見られ始めている」と述べた。 「ECBはかなり迅速に計画を立てる必要があります」。これは、「ユーロに圧力がかかる」ため、ユーロ圏諸国間の貸出金利の大きな違いを回避するためです。

木曜日に1ドルあたり134.56円の新しい20年の安値を打った円は安定しました(+ 0.00%から134.36円)。

金曜日の非常にまれな共同声明の中で、日本の財務省、日本銀行(BoJ)、および日本金融警察委員会(FSA)は、円の急落に対して「必要に応じて適切な行動をとる」と述べた。

これは、3月の対ドル円安以来、これらの機関からの最も重要な警告です。

———————————-

19:30 GMT 21:00 GMT

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です