ナンシー・ペロシは、米国は中国が台湾を孤立させることを許可しないだろうと言います

公開日: かわった :

北京がナンシー・ペロシの台湾への訪問をめぐって軍事演習を強化する中、米国下院議長は金曜日、東京から、米国は中国が2,300万人の島を孤立させることを「許可しない」と保証した.

ナンシー・ペロシ米下院議長は金曜日(8月5日)、東京で台湾を訪問した後、北京の怒りを買った後、米国は中国が台湾を孤立させることを「許さない」と述べた。

2015年以来初めて日本を訪れた82歳のナンシー・ペロシは、彼女のアジアツアーの最終行程であり、火曜と水曜に台湾を訪問して中国を怒らせた。

北京は、2300万人のこの自治区をその領土の不可欠な部分と見なしており、木曜日に島周辺で前例のない規模の軍事演習を開始することで対応し、特に弾道ミサイルを発射しました。その一部は日本の排他的経済に陥っていたでしょう.

ナンシー・ペロシ氏は金曜日の東京での記者会見で、「中国人はおそらく私たちの訪問を口実にこれらの銃撃を行った.

彼らは「台湾を孤立させようとしていた」と彼女は付け加え、春に北京が世界保健機関(WHO)の年次総会への台湾の出席を許可するという米国からの呼びかけを拒否したことを想起した. しかし、「彼らは私たちがそこに行くのを妨げて台湾を孤立させることはありません。私たちは春に上院議員から超党派的な方法でハイレベルの訪問を受けました(…)、そして私たちは彼らが台湾を孤立させることを許しません」と彼女は言いました. 「彼らは私たちの動きを決定しません。」

私たちは「偉大な民主主義国」である台湾を祝います

この地域のツアーは「ここアジアの現状を変えること、台湾の現状を変えることを意図したものではない」とナンシー・ペロシは断言した。

1979年以来、ワシントンは、特に大規模な武器売却を通じて、台湾当局を支援し続けながら、北京政府の唯一の中国政府を認めてきた.

その訪問は、1979年に米国議会で可決された米国と台湾の関係を特徴付ける法律である「『台湾関係法』に関係していた」と彼女は述べたが、「米国-中国、すべての人、法律と協定」それが私たちの関係が何であるかを定義しました。」

「それは台湾が何であるか、経済が繁栄している偉大な民主主義国家であり、すべての国民を尊重していることを祝うことです。」

米中関係については、「米国が(われわれの)ビジネス上の利益のために中国で人権について語らないのであれば、世界のどこでも人権について語る道義的権限をすべて失うことになる」と述べた。

ロイターとAFPとともに

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。