ニホンザルによる連続攻撃により、西部で 42 人が負傷

7月初旬から、西日本の山口市で野良マカクによって42人が負傷した. これらの攻撃は 異常な大きさ 地元当局に彼女を落ち着かせるために皮下注射器の使用を強制した。

ニホンザルは日本列島で非常に一般的です。 彼らは時々次のように見られます 迷惑家の中をかき回したり、作物を略奪したりするときですが、人間を直接攻撃することはめったにありません。 それでもここ数週間、子供と親の両方が攻撃されています。 引っ掻いたり噛んだり 山口で。

「山口市全体が山に囲まれているため、そこでサルに出くわすことは珍しくありません」とコミュニティワーカーは月曜日にAFPに語った. 「でもそれは これほど多くの攻撃を見ることはめったにありません そのような短期間で」と彼は同意した、「最初は子供と女性だけが攻撃された. しかし最近では、高齢者や成人男性も標的にされています。」

パトロールの失敗

7月8日の最初の攻撃以来 地方自治体によって実施される パトロール しかし、マカクはまだ捕まえていません。 彼らは、これが特に攻撃的な孤立したグループなのか、それともこれらの霊長類の間で広まっている行動なのかを知りません.

これはいくつかの事件を引き起こしました 日本のメディアの見出し、および被害者である山口の住民を広く引用しました。 「1階で泣き声が聞こえたので走って逃げました。 そこで、サルが私の子供の上に乗り上げたのを見た」とある父親は最近毎日新聞に語った。

編集者は次のことを推奨しています。

RTL 編集チームからのニュースがメールボックスに届きます。

RTL アカウントのおかげで、RTL Info ニュースレターを購読して、毎日すべてのニュースをフォローしてください

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。